【ノンストップ】『よだれ豚』のレシピ・作り方〔笠原将弘のおかず道場〕

画像はイメージです

放送の「ノンストップ! 笠原将弘のおかず道場」で紹介された『よだれ豚』のレシピ・作り方情報。

みそ味の万能香味ダレが特徴の『よだれ豚』は、豚バラ薄切り肉を使用した、箸が止まらなくなるほど美味しい一品です。
ニンジン、長ネギ、モヤシを加えた栄養バランスも考えられたレシピです。
香味ダレは応用がきくのでこの機会の覚えておきたいレシピですね。

よだれ豚

材料

豚バラ薄切り肉 300g
ニンジン 1本
長ネギ 1/3本
モヤシ 1袋
塩 適量

<A用調味料>
砂糖 大さじ3
酢 大さじ2
みそ 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
豆板醤 大さじ1
練りゴマ (白) 大さじ1
サラダ油 大さじ3
いりゴマ (白) 少し

作り方
  • 準備
    ニンジン 5cmの長さの拍子木切り
    長ネギ みじん切り
    豚肉 5cm長さに切る
  • ニンジンを鍋に入れ、水を加えて中火にかける
  • 煮立ったら弱火にし、5分ほどゆでる
  • モヤシを加えてさっとゆで、水気を切り、少しをふる
  • 残った湯で豚肉をゆで、火を通す
  • ザルに上げて水気を切り、塩を少しをふる
  • ボウルに長ネギA用調味料を入れてよく混ぜ合わせる
  • フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、熱くなるまで加熱し、ボウルに加えてよく混ぜる
  • 盛りつけて、お好みでゴマをふる
  • 5
  • 10
  • 4

『豚バラ』で人気のTVレシピ

北京ポーク豚バラのフライパン蒸し大根と豚バラのキャラメル煮豚バラとねぎのグラタン焼き大根と豚バラのみそ煮かぶと豚バラ、あさりの蒸し煮豚バラでもつ鍋風

ESSE (エッセ)

『ノンストップ!』の最新レシピ

豚ヒレのミラノ風カツレツ
2024年2月20日放送の「ノンストップ! 世界ごはん」で紹介されたイタリア料理「リストランテアルポルト」片岡宏之シェフ『豚ヒレのミラノ風カツレツ』のレシピ・作り方情報。 サクサクの衣とジューシーな豚ヒレ肉が絶妙に組み合わさったイタリアンの定番料理です。パルメザンチーズを加えたパン粉でコーティングし、ケッカソースを添えて提供します。
豚ヒレ肉・ パン粉・ パルメザンチーズ(すりおろす)・ 塩・ コショウ・ 小麦粉・ 溶き卵・ ミニトマト・ ニンニク...
詳しいレシピ・材料を見る
ヤングヒジキ
2024年2月19日放送の「ノンストップ! 笠原将弘のおかず道場」で紹介された『ヤングヒジキ』のレシピ・作り方情報。 ヤングヒジキは、栄養豊富な乾燥ヒジキをメインに、大根、ニンジン、油揚げ、インゲンを加えた色鮮やかな一品です。
ヒジキ(乾燥)・ 大根・ ニンジン・ 油揚げ・ インゲン・ ニンニク・ ゴマ油・ 水・ 酒・ しょうゆ・ 砂...
詳しいレシピ・材料を見る
優馬のシューマイ
2024年2月16日放送の「ノンストップ ゆウマいごはん」で紹介された『優馬のシューマイ』のレシピ・作り方情報。 豚ひき肉と豚肩ロースの絶妙な組み合わせが、ジューシーで深い味わいを生み出します。干しシイタケの旨味と、とびっこのプチプチ感がアクセントになり、一度食べたら忘れられない美味しさです。
シューマイの皮・ 豚ひき肉・ 豚肩ローストンカツ用肉・ タマネギ・ 干しシイタケ・ マヨネーズ・ すりおろし...
詳しいレシピ・材料を見る
ホウレンソウとハーブのリゾット
2024年2月14日放送の「ノンストップ! 世界ごはん ギリシャ料理」で紹介された浅草橋フィリ 松下邦子シェフの『ホウレンソウとハーブのリゾット』レシピ・作り方情報。 フレッシュなホウレンソウと香り高いハーブを使った、健康的で彩り豊かなギリシャ料理です。シンプルながらも、レモンの酸味とハーブの香りが絶妙に絡み合い、口いっぱいに広がる味わいです。
米(洗わない)・ ホウレンソウ・ 長ネギ・ オリーブオイル・ 塩・ コショウ・ ディル・ イタリアンパセリ・...
詳しいレシピ・材料を見る
大人のチーズインバーグ
2024年2月9日放送の「ノンストップ ゆウマいごはん」で紹介された『大人のチーズインバーグ 』のレシピ・作り方情報。 溶けるチーズをふんわりとした合いびき肉で包み込み、赤ワインとデミグラスソースで煮込むことで、深い味わいと豊かな香りを楽しめる一品です。冷凍ブルーベリーの甘酸っぱさがアクセントになり、特別な日のディナーにぴったりです。
合いびき肉・ 無糖プレーンヨーグルト・ 粉山椒・ 塩・ ...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]
[最終更新日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!