【きょうの料理ビギナーズ】『スナップえんどうと豚肉の煮物』のレシピ・作り方を紹介

画像はイメージです

放送の「きょうの料理ビギナーズ 食感を楽しむ スナップえんどう」で紹介された『スナップえんどうと豚肉の煮物』のレシピ・作り方情報。

春の訪れを感じさせる爽やかな緑色のスナップえんどうと、しょうゆとみりんの絶妙な甘辛さが特徴で、ご飯のおかずにはもちろん、お酒の肴としてもぴったり。

スナップえんどうと豚肉の煮物

  • しょうがを加えることで全体の味に深みを加える
  • 豚肉を最後に入れることでふっくらと仕上げる
材料

スナップえんどう 150g
豚肩ロース肉(薄切り) 120g
しょうが(小) 1かけ

<調味料>
だし カップ2/3
みりん 大さじ1/2
しょうゆ 大さじ1

作り方
  • 準備
    スナップえんどう 筋とヘタを取り除く
    しょうが せん切り
    豚肉 食べやすい大きさに切る
  • フライパンに調味料を入れて中火にかける
  • 煮立ったら、しょうが・スナップえんどうを加え、時々返しながら3分間ほど煮る
  • スナップえんどうを寄せて空きをつくり、豚肉を1枚ずつざっと広げて加え、強めの中火にする
  • 煮汁をからめながら、肉の色が変わるまで煮る
  • 5
  • 10
  • 2

『スナップえんどう』で人気のTVレシピ

スナップえんどうと帆立てのしょうが炒め野菜とツナのエチュベ初夏野菜の唐揚げ福わうち緑野菜のさわやまドレッシング新緑野菜のアンチョビバターさや豆とタコの生姜焼き

詳しいテキスト

『きょうの料理ビギナーズ』の最新レシピ

かぶと牛肉のソテー
2024年4月10日放送の「きょうの料理ビギナーズ 和洋アレンジ自在!かぶ」で紹介された『かぶと牛肉のソテー』のレシピ・作り方情報。 かぶのシャキシャキとした食感と、牛肉の旨みが絶妙にマッチした、味わい深い一品です。マーマレードを使った甘辛いソースが、素材の味を引き立てるポイントになっています。
かぶ・ 牛もも肉(またはカルビ/焼き肉用)・ マーマレード・ しょうゆ・ 酒・ 塩・ こしょう・ 片...
詳しいレシピ・材料を見る
かぶとちくわの煮物
2024年4月10日放送の「きょうの料理ビギナーズ 和洋アレンジ自在!かぶ」で紹介された『かぶとちくわの煮物』のレシピ・作り方情報。 かぶの優しい甘みとちくわの独特の食感が楽しめ、だしの風味が全体を引き締めます。特に、かぶの葉も使用することで、彩りも美しく栄養バランスも考えられています。かぶとちくわを煮ることで、素材の旨みが凝縮され、ほっこりとした味わいになります。
かぶ・ かぶの葉・ 焼きちくわ・ だし・ 酒・ みりん・ うす口しょうゆ・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
春にんじんと鶏肉の甘辛煮
2024年4月9日放送の「きょうの料理ビギナーズ 切り方で味わい変化 春にんじん」で紹介された『春にんじんと鶏肉の甘辛煮』のレシピ・作り方情報。 春にんじんのシャキシャキとした食感と、鶏肉の柔らかさがこの料理の魅力を引き立てます。甘辛い煮汁が素材の味を一層引き立て、ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにもぴったりの一品です。
春にんじん・ 鶏もも肉・ だし・ 薄切りしょうが・ 砂糖・ みりん・ しょうゆ・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
春にんじんと豚肉のマヨネーズ炒め
2024年4月9日放送の「きょうの料理ビギナーズ 切り方で味わい変化 春にんじん」で紹介された『春にんじんと豚肉のマヨネーズ炒め』のレシピ・作り方情報。 春にんじんはピーラーでリボン状に削ることで、食感の楽しさと見た目の美しさを加え、豚肩ロースの薄切りを使うことで、短時間で柔らかく仕上がります。マヨネーズを使った調理法は、炒め物に深みと風味を加え、酒の香りが食欲をそそります。
春にんじん・ 豚肩ロース肉(薄切り)・ マヨネーズ・ 酒・ 塩・ こしょう・ 油・ しょうゆ・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
新じゃがと豚肉のザーサイ炒め
2024年4月8日放送の「きょうの料理ビギナーズ 皮ごと調理 新じゃが」で紹介された『新じゃがと豚肉のザーサイ炒め』のレシピ・作り方情報。 新じゃがいものホクホクとした食感と、豚肉の旨味、ザーサイのピリッとした辛味が絶妙にマッチします。
新じゃがいも・ 薄切り豚バラ肉・ ザーサイ・ しょうゆ・ ごま油・ ...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!