【きょうの料理】『紹興酒だれ』斉風瑞先生のレシピ・作り方

画像はイメージです

放送の【きょうの料理 おすすめ!冬の万能だれ】で紹介された斉風瑞(さい・ふうみ)先生の調味料を量って混ぜるだけで簡単なのに、味がバッチリ決まる!冬の食材と相性抜群の万能だれ『紹興酒だれ』のレシピ・作り方情報。

紹興酒だれは、風味で楽しめる調味料で、料理に深みと複雑さを加えることができます。しょうゆと紹興酒の組み合わせは、肉料理や野菜炒めに完璧なバランスの味わいをもたらします。このレシピでは、砂糖の甘み、ねぎ、しょうが、にんにくの香り、そして赤とうがらしの辛みが加わり、どんな料理も一層引き立てます。
刺身のヅケがイチオシです。

紹興酒だれ

材料

しょうゆ カップ1/4
紹興酒 カップ1/4
砂糖 大さじ1
ねぎ 30g
しょうが 5g
にんにく 5g
赤とうがらし 少々

作り方
  • 準備
    ねぎ 粗みじん切り
    しょうが みじん切り
    にんにく みじん切り
    赤とうがらし 小口切り
  • しょうゆ紹興酒を混ぜ合わせる
  • 混ぜた液体に砂糖ねぎしょうがにんにく赤とうがらしを加えてよく混ぜる
  • 2
  • 1
  • 1

『紹興酒』で人気のTVレシピ

さけのパスタ紹興酒風味さけのパスタ 紹興酒風味白菜と大きな肉だんごの煮込み白菜の蒸しギョーザ牛肉とニラの炒めものセロリの回鍋肉四川風しゃぶしゃぶ

詳しいテキスト

『きょうの料理』の最新レシピ

親子丼 in NY
2024年2月21日放送の【きょうの料理 ニューヨーク発!大江千里のハミング食堂】で紹介された大江千里さんのオリジナルの親子丼『親子丼 in NY』のレシピ。 『親子丼 in NY』レシピは、クラシックな日本の味をニューヨークスタイルでアレンジしたものです。NYで手に入りやすいパプリカやズッキーニを使い、カラフルな野菜と鶏肉で栄養満点で見た目にも美しい一品に仕上がります。
鶏むね肉・ たまねぎ・ パプリカ (赤) (小)・ にんじん・ ズッキーニ・ 生しいたけ・ 卵・ 水・ だし...
詳しいレシピ・材料を見る
ほっこりレモン鍋
2024年2月21日放送の【きょうの料理 ニューヨーク発!大江千里のハミング食堂】で紹介された大江千里さんの『ほっこりレモン鍋』のレシピ・作り方情報。
鶏むね肉・ キャベツ・ チンゲンサイ・ 好みのきのこ・ 絹ごし豆腐・ レモン・ 昆布(10cm四方)・ だしパック(...
詳しいレシピ・材料を見る
白菜のからし風味サラダ
2024年2月20日放送の【きょうの料理 シェフのON&OFFごはん】で紹介された脇屋友詞シェフの白菜を生で楽しむ『白菜のからし風味サラダ』作り方情報。 シャキシャキとした白菜と香ばしいベーコンの食感が楽しめる一品です。練りがらしとごま油をベースにしたピリッとしたドレッシングが、白菜の甘みを引き立てます。からしがアクセントのドレッシングでおいしさ倍増。
白菜(内側の部分)・ ベーコン(薄切り)・ 練りがらし・ 酢・ すりおろしにんにく・ 白ごま油・ 砂糖・ 塩...
詳しいレシピ・材料を見る
白菜と大きな肉だんごの煮込み
2024年2月20日放送の【きょうの料理 シェフのON&OFFごはん】で紹介された脇屋友詞シェフの『白菜と大きな肉だんごの煮込み』のレシピ・作り方情報。 寒い季節にぴったりの温かい料理です。大きな肉だんごが特徴の「獅子頭(シーズートウ)」のアレンジでジューシーな豚ひき肉とシャキシャキの白菜が絶妙にマッチした、ふわふわ肉だんごのつくり方は必見です。
白菜・ 豚ひき肉・ 中華風顆粒チキンスープの素・ オイスターソース・ 塩・こしょう・ 片栗粉・ サラダ...
詳しいレシピ・材料を見る
白菜の蒸しギョーザ
2024年2月20日放送の【きょうの料理 シェフのON&OFFごはん】で紹介された脇屋友詞シェフの『白菜の蒸しギョーザ』のレシピ・作り方情報。 ジューシーな豚ひき肉とシャキシャキの白菜を組み合わせた、ヘルシーで美味しい一品です。ギョーザの皮の代わりに、白菜の葉の部分を使うヘルシーな蒸しギョーザは白菜の葉で包んで蒸すことで、肉汁を閉じ込め、素材の旨味が凝縮されます。
豚ひき肉・ 白菜の軸・ 白菜の葉・ オイスターソース・ 塩・ こしょう・ しょうが・ ねぎ・ 紹興酒(または酒)・ ...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!