【エブリィ】シンガポール生まれのトースト カヤジャムトースト 新宿『ヤ クンカヤ トースト』のお店・メニューを紹介『新感覚トースト』 every. 2020/9/9放送

画像はイメージです

2020年9月9日放送の【news every.】で紹介されたシンガポール生まれのトースト カヤジャムトースト 新宿『ヤ クンカヤ トースト』のお店情報をチェックしました。

カヤトースト 都庁前駅「Ya Kun Kaya Toast 新宿住友ビル店(ヤ クンカヤ トースト)」


食べログ
  • コピ 264円
  • カヤトースト 539円
  • カヤジャムをたっぷり塗ったトースト
  • シンガポールで親しまれ、パンダンリーフというハーブを使用したカヤジャム
  • 卵に醤油・コショウで味付けした別皿のトッピングをつけて食べる
Retty(レッティ)

Ya Kun Kaya Toast 新宿住友ビル店(都庁前/カフェ) – Retty

シンガポール発祥のカヤトースト専門店「ヤクンカヤトースト(Ya Kun Kaya Toast)」が日本進出。
シンガポールの定番朝食カヤトーストの老舗店
「ヤクンカヤトースト」は、1944年の創業時から続くカヤトーストの老舗として愛されているカヤトーストブランド。
カヤトーストとは、シンガポールの代表的な朝食メニューで、トーストしたパンでカヤジャムと呼ばれるペースト(卵・砂糖・ココナッツミルク・パンダンリーフなどが原料)をサンドしたソウルフードの一種。
カヤトースト単品で食べたり、セットで温泉卵や、甘くて濃厚なコンデンスミルク入のコピ(Kopi)というコーヒーと共に味わうのが定番のスタイル。
「ヤクンカヤトースト」は創業より70年以上、シンガポール国内で約70店舗、アジアを中心とした世界10か国で合わせて約120店舗を展開しており、カヤトーストと言えば「ヤクン」というほどの知名度を誇っている。
カフェでは名物カヤトーストのみならず、シンガポールのローカルフードであるチキンカレーヌードルやラクサ、スイーツ、アジアンスタイルのサンドイッチなど、シンガポールを代表するメニューも多数ラインナップ。
シンガポール流のコーヒー・コピは、砂糖入、砂糖なし、ミルク入、ブラックから好みに調整できる。
シンガポールらしいフードを、モーニングからカフェタイムまで幅広く提供する。…

retty.me

住所 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル B1F
電話 03-6258-1358

[記事公開日]