【ヒルナンデス】『ぶりの照り焼き』料理のコツテストのレシピ・作り方を紹介

画像はイメージです

放送の【ヒルナンデス】で南明奈さん・すみれさんが挑戦した『ぶりの照り焼き』料理のコツテストのレシピ・作り方情報。
初心者が間違いやすいポイントを丁寧に解説!12ポイントの料理のコツを紹介。

ぶりの照り焼き

材料

ぶりの切り身

片栗粉

<タレの材料(割合)>
酒 2
みりん 2
しょう油 2
砂糖 1
バター10g(隠し味)

作り方
  • 準備
    ぶり 塩をふって20分ほど置くき、80℃のお湯をかけて霜降りする
    <タレの材料> 混ぜる
  • 両面に片栗粉を薄くまぶす
  • まずフライパンに油を引いてブリの皮目を下にして中火3分ほどで焼く
    短時間で焼き上げ、皮をフライパンに押し付けるように焼きパリっと仕上げる
  • ひっくり返して20秒程さっと焼く
  • ブリ7割ほど火が通ったら、フライパンを火からおろし、余分な脂を拭き取り、タレを入れる
    タレはスプーンでかける・裏返さない
  • グツグツ煮詰める
  • 5
  • 10
  • 1
  • ブリの下処理には塩をして15分〜20分ほど置き、沸騰直前の80℃のお湯をかけて霜降りをする
  • ふっくらジューシーに仕上がるのは皮が白っぽいものを選ぶ
    白が腹側・黒が背側
  • 血合は赤い方が新鮮
  • 片栗粉はしっかりつけて、しっかりはたく
    片栗粉をまぶす時は茶こしやザルで薄く満遍なくつけるのがおすすめ
    片栗粉をまぶして焼くとぶりのうまみを閉じ込め、片栗粉に含まれるでんぷんはとろみを出す
  • ぶりを焼くときの火加減は中火
    弱火でじっくり焼くと水分やうまみが抜けていき身もパサパサに
  • タレは焼肉のたれだと一発で味が決まる
    (しょう油・酒・みりん・砂糖・みそ・香辛料などが入っている)
    ポイントはタレをフライパンに入れて水分が飛んで濃度が出るまで煮詰める
  • タレを入れる際にぶりから出た脂をふきとる
    魚の臭みがたれに移るのを防ぐ
  • タレを入れた後、ぶりは裏返さない
    タレはスプーンでかける
  • ぶりは下処理をして冷凍ができる
    冷凍したぶりを焼く時は解凍せずにそのまま焼く
    フタをして弱めの中火で3分ほど蒸し焼き解凍しびっくり返してフタをし約2分で完成!
  • タレの隠し味にバター10gを入れるとコクが出る

『ブリ』で人気のTVレシピ

ゆで卵ブリと菜の花のごま酢和えブリカツブリ大根優馬流!タンドリーブリブリ照りの大根サラダ添えタンドリーブリ

南明奈・すみれ

『ヒルナンデス』の最新レシピ

いちご豆乳フォンデュ
2024年2月26日放送の【ヒルナンデス】で紹介された豆乳のさっぱりとした味わいでいちごの酸味と甘みを引き立てる『いちご豆乳フォンデュ』キャンプ飯レシピ・作り方情報。
いちご・ 調整豆乳・ マシュマロ・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
深川丼
2024年2月26日放送の【ヒルナンデス】で紹介されたアサリで『深川丼』キャンプ飯レシピ・作り方情報。
ご飯・ アサリの缶詰・ 3倍濃縮つゆ・ チーズ・ 卵・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
スナック菓子
2024年2月26日放送の【ヒルナンデス】で紹介された髙地優吾さんの油揚げで『スナック菓子』キャンプ飯レシピ・作り方情報。
油揚げ・ 油・ 青のり・ 塩・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
ハンバーグ
2024年2月26日放送の【ヒルナンデス】で紹介されたホットサンドメーカーで『こねないハンバーグ』キャンプ飯レシピ・作り方情報。
牛豚合挽き肉・ パン粉・ オリーブオイル・ 塩こしょう・ 卵・ とろけるスライスチーズ・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
フォー風!彩りかき玉スープ
2024年2月21日放送の【ヒルナンデス ひな祭り直前!子供が喜ぶカラフル料理対決】で紹介された若菜まりえさん『フォー風!彩りかき玉スープ』レシピ・作り方情報。 かき玉スープは、カニカマの旨味、青ネギの爽やかさ、そしてピザ用チーズのとろみが加わり、卵のふんわりとした食感が楽しめます。ライスペーパーを加えることで、異なる食感を楽しむことができます。
カニカマ・ 青ネギ・ ピザ用チーズ・ 卵・ ライスペーパー・ 水・ 鶏ガラスープの素・ めんつゆ・ ...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]
[最終更新日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!