【ノンストップ】『ブリカツ』のレシピ・作り方〔笠原将弘のおかず道場〕

画像はイメージです

放送の「ノンストップ! 笠原将弘のおかず道場」で紹介された『ブリカツ』のレシピ・作り方情報。

ブリの旨味がぎゅっと詰まったカツは、揚げる事で外はカリッとして中はふっくら。キャベツとウスター入りの大根おろしが油っぽさを感じさせずサッパリいただけます。

ブリカツ

材料

ブリの切り身 4切れ
キャベツ 1/4個
大根 150g
ウスターソース 大さじ3
塩 少々
コショウ 少々
小麦粉 適量
パン粉 適量
揚げ油 適量
溶き卵 2個分
くし形切りレモン 1/2個
辛子 少々

作り方
  • 準備
    ブリ 皮と小骨を除いて水気をふいて、塩、コショウで下味をつける
    キャベツ 千切りにし、水にさらしてシャキッとさせ、水気をきる
    大根 すりおろして水気をきり、ウスターソースと混ぜ合わせる。
  • ブリ小麦粉・溶き卵・パン粉を順にまぶして衣をつける
  • フライパンに揚げ油2cm深さまで入れて170℃に熱する
  • 衣をつけたブリを入れる
  • 両面がカリッとするまで5分ほど揚げ、ひと口大に切る
  • 器に盛ってお好みでキャベツ・レモン・辛子大根おろしを添える
  • 5
  • 15
  • 4

『ブリの切り身』で人気のTVレシピ

ブリ照りの大根サラダ添え

ESSE (エッセ)

『ノンストップ!』の最新レシピ

タッポックンタン
2024年2月28日放送の「ノンストップ! 世界ごはん」で紹介されたキムヨンジョンさんの『タッポックンタン』のレシピ・作り方情報。 タッポックンタンは韓国の鶏肉料理の一つで、その辛さと深みのある味わいが特徴です。このレシピでは、鶏モモ肉を使い、ジャガイモやニンジンなどの野菜と共にコチュジャンベースのタレで煮込みます。手軽に作れて、食卓を華やかにするこの料理は、辛いものが好きな方に特におすすめです。煮込むことで肉は柔らかく、野菜は味を吸ってご飯にもぴったり。
鶏モモ肉・ ジャガイモ・ ニンジン・ タマネギ・ 長ネギ(青い部分も入れて)・ コチュジャン・ しょうゆ・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
冬野菜と春雨のそぼろ煮
2024年2月27日放送の「ノンストップ! 笠原将弘のおかず道場」で紹介された笠原さんの『冬野菜と春雨のそぼろ煮』のレシピ・作り方情報。 寒い季節にぴったりの一品です。栄養豊富な冬野菜とプルプルの春雨を使い、豚ひき肉で深みを出したそぼろ煮は、冬の夜長に温もりを与えてくれます。紹興酒やユズコショウを加えることで、奥深い味わいと程よいアクセントが生まれます。
豚ひき肉・ 春雨・ 白菜・ 長ネギ・ ニンニク・ 水菜・ ゴマ油・ 酢・ ユズコショウ・ 塩・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
カレイのさわやか煮
2024年2月23日放送の「ノンストップ ゆウマいごはん」で紹介された『カレイのさわやか煮』のレシピ・作り方情報。 カレイ、豆腐、コマツナ、ミカンを使った、さわやかでヘルシーな一品です。ミカンの甘酸っぱさがカレイの旨味を引き立て、コマツナの緑が彩りを添えます。
カレイ(切り身)・ 木綿豆腐・ コマツナ・ ミカン・ ミツバ・ 七味唐辛子・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
豚ヒレのミラノ風カツレツ
2024年2月20日放送の「ノンストップ! 世界ごはん」で紹介されたイタリア料理「リストランテアルポルト」片岡宏之シェフ『豚ヒレのミラノ風カツレツ』のレシピ・作り方情報。 サクサクの衣とジューシーな豚ヒレ肉が絶妙に組み合わさったイタリアンの定番料理です。パルメザンチーズを加えたパン粉でコーティングし、ケッカソースを添えて提供します。
豚ヒレ肉・ パン粉・ パルメザンチーズ(すりおろす)・ 塩・ コショウ・ 小麦粉・ 溶き卵・ ミニトマト・ ニンニク...
詳しいレシピ・材料を見る
ヤングヒジキ
2024年2月19日放送の「ノンストップ! 笠原将弘のおかず道場」で紹介された『ヤングヒジキ』のレシピ・作り方情報。 ヤングヒジキは、栄養豊富な乾燥ヒジキをメインに、大根、ニンジン、油揚げ、インゲンを加えた色鮮やかな一品です。
ヒジキ(乾燥)・ 大根・ ニンジン・ 油揚げ・ インゲン・ ニンニク・ ゴマ油・ 水・ 酒・ しょうゆ・ 砂...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]
[最終更新日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!