【ヒルナンデス】『春巻き』料理のコツテストのレシピ・作り方を紹介

【ヒルナンデス】『春巻き』料理のコツテストのレシピ・作り方を紹介

画像はイメージです

放送の【ヒルナンデス】でLiLiCoさん・山口もえさんが挑戦した『春巻き』の料理のコツテスト。実は春巻きの皮には表面と裏面が、ツルツルの面を外側に巻いて作ると、お家でお店のようなパリパリ食感が楽しめる春巻きが完成!

春巻き

材料

春巻きの皮
豚もも肉 (薄切り) 80g
たけのこ(ゆで) 50g
にんじん 1/5本
干ししいたけ 2枚
ニラ 1/5束
緑豆春雨 20g
しょう油 大さじ1
酒 大さじ1
オイスターソース 大さじ1/2
中華スープの素 小さじ1
砂糖 小さじ1
水溶き片栗粉 適量
ごま油 大さじ1

作り方
  • 豚もも肉 5mmの薄切り(赤身と脂身の間に筋を断ち切る)
    たけのこ 5mmの薄切り
    しいたけ 5mmの薄切り
    にんじん 5mmの薄切り
    春雨 ハサミで約5cmにカット
  • サラダ油(大1/2)で肉・にんじん・たけのこをいためる
  • しいたけの戻し汁(200ml)を加える
  • 中華スープの素・オイスターソースで味付けて2分ほど煮込む
  • 春雨を入れて春雨を入れて1〜2分煮込む
    お湯で戻さない
  • ニラを加えて混ぜ合わせる
  • 火を止めて水溶き片栗粉(水2:片栗粉1)でとろみをつける
  • ごま油(大1)をまわしかける
    ごま油がコーティングして熱々をキープし餡がアツアツになる
  • 餡はバットに広げて15分程休ませて冷ましてから包む
  • 春巻きの皮のツルツルの面を外側して具材を巻く
    皮で包むコツは、はじめはきつく、残りはフワッと巻く
  • まず160℃の油で焼き目がつくまで加熱し
    その後180℃の油できつね色になるまで加熱して2度揚げする
  • 5
  • 15
  • 1

料理のコツポイント

  • 春巻きの皮のツルツルの面を外側に巻いて作る
    ザラザラの面は生地のきめが粗く空気が逃げやすい
  • お家で作ると1本65円程で作れる
  • 春雨は水分を吸収し春巻きの破裂を防いでくれる
    そのため春雨は水で戻さずそのまま入れる
  • 餡を作る時にごま油を最後に入れるとコーティングして熱々をキープし餡がアツアツになる
  • 春巻きを餡に包む時は餡は冷ましてから包む
    すき間があると揚げる時に破裂が起こりやすい
  • 春巻きの皮がはがしづらい時は常温に戻す
    温度が低いと皮がかたくなりはがしづらい
  • 春巻きの巻き方のポイントは1周目あんと皮の間の空気をしっかり抜いて巻き、その次はふわっと巻く
  • 冷凍保存した春巻きは凍ったまま、霜を拭き取り160度の油で8分揚げる
  • 春巻きは、いきなり高温で揚げると皮の水分が急激に膨張するため低温→高温で2回に分けて揚げる

『春巻き』で人気のTVレシピ

ウドと牛肉のパパッと春巻きえびとたけのこの腸粉風大豆の春巻き干し大根炒めの焼き生春巻き大根餅春巻き豚挽き肉ともやしの春巻きまぐろの生春巻き

LiLiCo・山口もえ

『ヒルナンデス』の最新レシピ

フルフル絶品卵焼き
2024年6月11日放送の【ヒルナンデス】で紹介された、砂糖や出汁を使わずに甘酒と塩麹で黄金の卵焼き『フルフル絶品卵焼き』藤井恵先生のレシピ・作り方。
卵・ 甘酒(ストレート)・ 塩麹・ 油・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
納豆ドレッシング
2024年6月11日放送の【ヒルナンデス】で紹介された、『納豆ドレッシング』藤井恵先生のレシピ・作り方です。
納豆・ しょうゆ・ 酢・ 豆板醤・ すりおろし玉ねぎ・ ごま油・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
サバの水煮缶とキャベツの即席あら汁
2024年6月11日放送の【ヒルナンデス】で紹介された、『サバの水煮缶とキャベツの即席あら汁』藤井恵先生のレシピ・作り方です。
鯖の水煮缶・ 水・ おろし生姜・ キャベツ・ 味噌・ 七味・万能ねぎ・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
ちくわの蒲焼丼
2024年6月11日放送の【ヒルナンデス】で紹介された、ちくわが鰻風に『ちくわの蒲焼丼』藤井恵先生のレシピ・作り方です。 脇役が高級丼に!
生ちくわ・ 油・ 粉山椒・ 白米・ 醬油・ 酒・ 砂糖・ みりん・ 水・ 片栗粉 小1/3・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
ちくわの酢豚風
2024年6月11日放送の【ヒルナンデス】で紹介された、『ちくわの酢豚風』藤井恵先生のレシピ・作り方です。
ちくわ・ ピーマン・ 玉ねぎ・ 小麦粉・ ケチャップ・ 酢・ 酱油・ 砂糖・ 水・ 片栗粉・ 油・ ケチャッ...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]
[最終更新日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!