【相葉マナブ】ピーマンで『チンジャオロース』五十嵐美幸シェフのお店・レシピ作り方

【相葉マナブ】ピーマンで『チンジャオロース』五十嵐美幸シェフのお店・レシピ作り方

画像はイメージです

2023年9月3日(日)放送の【相葉マナブ】で紹介されたピーマンで『チンジャオロース』五十美幸シェフのお店・レシピ作り方。

チンジャオロース

材料

ピーマン 4個(140g)
豚ももブロック肉 200g
エリンギ 1本
たけのこ水煮 80g
サラダ油 適量

<豚肉の下味>
しょう油 大さじ1
酒 大さじ1
コショウ 少々
片栗粉 大さじ1
サラダ油 大さじ1

<合わせ調味料>
オイスターソース 大さじ1
砂糖 大さじ1
しょう油 大さじ1
酢 大さじ1
酒 大さじ1

作り方
  • ピーマンに切り込みを入れて平に広げ細切り
    エリンギ・タケノコも細切り
  • 豚もも肉を半冷凍の状態で切って細切りに
  • お肉をしょう油・酒・コショウで揉み込み、片栗粉でお肉をコーティングして、油をかける
  • 合わせ調味料を混ぜる
  • お肉をほぐしながら炒める
    最初はいじらない、お肉が白くなったらお肉をかえす
  • エリンギを追加して炒め、タケノコ・調味料を追加する
    フライパンを振りすぎると肉に閉じ込めた旨味と水分が触りすぎると逃げてしまうので注意
  • 汁気がなくなってきたらピーマンを入れて馴染ませ
  • 5
  • 20
  • 1

五十嵐美幸のオンライン料理教室・Miyu倶楽部

undefined

五十嵐美幸のオンライン料理教室・Miyu倶楽部 – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

テレビでお馴染みの五十嵐美幸シェフが『誰でも簡単に真似できるプロの技』を教えるオンライン料理教室です。入会すると、FacebookやLINEで、毎週のライブ配信やお料理動画が見放題! 五十嵐美幸と直接つながるグループLINEにもご招待! オフ会イベントへやお食事クーポンプレゼントなど特典が満載!…

community.camp-fire.jp

五十嵐 美幸シェフのレシピ本

焼売、ときどきチャーハン

初めてでもシャキッ! プリッ! だれでも炒めもの達人になれる

おうちでおつまみ中華

使える鶏肉レシピ: 部位別で使いやすい。和・洋・中100品

銀座駅「チャイニーズダイニング ミユ 銀座(Chinese Dining 美虎)」


食べログ

ホームページ

チャイニーズダイニング 美虎銀座

五十嵐美幸シェフのお店、美虎(みゆ)のサイトです。…

住所 東京都中央区銀座5-7-10 イグジットメルサ 7F
電話 03-6280-6697

相葉雅紀・嵐

『相葉マナブ』の最新レシピ

中華風ニラグリーンカレー
2024年6月16日放送の【相葉マナブ】で紹介された、ニラ『ニラグリーンカレー』美虎・五十嵐美幸シェフのレシピ・作り方です。
ニラ・ 豚薄切り肉・ ナス・ たけのこ(水煮)・ おろしにんにく・ 干しエビ・ 唐辛子・ 豆板醤・ ゴマ油・ 鶏がら...
詳しいレシピ・材料を見る
ニラ玉アラビアータ
2024年6月16日放送の【相葉マナブ】で紹介された、『ニラ玉アラビアータ』アロマフレスカ原田シェフのレシピ・作り方です。
ニラ・ お好みのパスタ・ おろしにんにく・ 唐辛子・ オリーブオイル・ トマトジュース・ 塩・ 卵黄・ パルメザンチ...
詳しいレシピ・材料を見る
ニラチヂミ
2024年6月16日放送の【相葉マナブ】で紹介された、日本橋ゆかり野永喜三夫さんのニラマヨポン酢で食べる『ニラチヂミ』レシピ・作り方です。
ニラ・ 小麦粉・ 片栗粉・ マヨネーズ・ 白だし・ 水・ サラダ油・ マヨネーズ・ ポン酢・ ゴマ油・ ラー...
詳しいレシピ・材料を見る
ニラの佃煮
2024年6月16日放送の【相葉マナブ】で紹介された、『ニラの佃煮』のレシピ・作り方です。
ニラ・ さきいか・ ラー油・ しょう油・ 砂糖・ みりん・ 白ゴマ・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
ニラのメンチカツ
2024年6月16日放送の【相葉マナブ】で紹介された、ニラメンチ『ニラのメンチカツ』のレシピ・作り方です。
ニラ・ 豚挽き肉・ 卵・ パン粉・ 塩・ コショウ・ 薄力粉・ 卵・ 水・ パン粉・ 揚げ油・ ...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]
[最終更新日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!