【男子ごはん】 『味噌カレー牛乳ラーメン』青森県のご当地ごはんのレシピ・作り方

画像はイメージです

放送の【男子ごはん ご当地ごはん青森県】で紹介された新感覚の組み合わせ 『味噌カレー牛乳ラーメン』青森県のご当地ごはんのレシピ・作り方情報。
みそベースの札幌ラーメンにカレーと牛乳を入れた青森県民のソウルフードです。
1970年頃 お客さんとして来ていた高校生のアイデアで誕生しました。

味噌カレー牛乳ラーメン

材料

みそ 大さじ3
カレー粉 大さじ1.5
豆板醤 小さじ1
ラード 大さじ1
玉ねぎ 40g
しょうが 大1片
にんにく 大1片
鶏がらスープの素 (半練り) 大さじ2/3
バター 20g
牛乳 150cc
メンマ (市販品) 適量
チャーシュー (市販品)  適量
塩茹でしたもやし 適量
わかめ 適量
中華麺 (ちぢれ麺) 2玉
水 800cc

作り方
  • 準備
    しょうが すりおろす
    玉ねぎ すりおろす
    にんにく すりおろす
  • 鍋に水・鶏がらスープの素を加え弱火で溶かす
  • 玉ねぎ・にんにく・しょうがを加え中火で炒める
  • 香りが出てきたら豆板醤を加える
  • みそを加える
    青森は豆米味噌
  • カレー粉・牛乳を加える
  • スープを加えてひと煮する
  • 中華麺は袋の表示時間通りに茹でザルにあげお湯で洗い水気をきる
  • 丼ぶりにスープを注ぎ中華麺を入れる
  • もやし・チャーシュー・メンマ・わかめ・バターをのせる
  • 5
  • 15
  • 1

『男子ごはん』の最新レシピ

ブリと菜の花のごま酢和え
2024年2月18日放送の【男子ごはん 燗酒に合うおつまみ〜第4弾〜】で紹介された サッと和えるだけの簡単おつまみ『ブリと菜の花のごま酢和え』のレシピ・作り方情報。
ブリ (刺身)・ 菜の花・ 塩・ 白いりごま・ すし酢・ めんつゆ (3倍濃縮) ・ 砂糖・ 刻み海苔・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
牛肉とせりとごぼうの黒酢煮
2024年2月18日放送の【男子ごはん 燗酒に合うおつまみ〜第4弾〜】で紹介された国分太一さんが作る 『牛肉とせりとごぼうの黒酢煮』のレシピ・作り方情報。
牛薄切り肉・ ごぼう・ せり・ オリーブ油・ みりん・ 酒・ 黒酢・ 砂糖・ しょうゆ・ 実山椒 (塩漬け)・ しょ...
詳しいレシピ・材料を見る
きゃらぶき
2024年2月18日放送の【男子ごはん 燗酒に合うおつまみ〜第4弾〜】で紹介された栗原家の万能保存食『きゃらぶき』のレシピ・作り方情報。 栗原さんの祖母が作って送ってくれていたレシピを公開! きゃら煮はごぼうやしいたけなどをしょうゆで濃い味の佃煮風に仕上げた料理。 伽羅という茶色い香木に近い色になることが語源。 ふきの苦味とかつおだしの旨味が絶妙に絡み合い、みりんとしょうゆで味付けされたこの料理は、ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにもぴったりです。
ふき・ かつおだし・ みりん・ 酒・ 砂糖・ しょうゆ 大さじ4・ 木の芽・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
ナッコッセポックンと〆の韓国風旨辛雑炊
2024年2月11日放送の【男子ごはん 韓国・釜山の名物 海鮮料理】で紹介された栗原心平さんの海鮮の旨みが出るタコ・エビ・牛ホルモン旨辛鍋ご飯の『ナッコッセポックン』レシピ・作り方情報。 手長タコ(ナクチナッチ)+ホルモン(コプチャン)+エビ(セウ)で炒める(ポックン)からきている。 一般的には鍋料理として知られている釜山発祥のソウルフード。
茹でタコ・ むきエビ (背ワタを取り除く)・ 牛ホルモン・ 白菜・ 長ねぎ・ ニラ・ 水・ ダシダ・ コチュジャン ...
詳しいレシピ・材料を見る
海鮮チヂミ
2024年2月11日放送の【男子ごはん 韓国・釜山の名物 海鮮料理】で紹介された海鮮の食感とカリカリ生地が相性抜群!栗原心平さんの韓国釜山レシピ『海鮮チヂミ』作り方情報。 韓国料理の付け合わせの定番のチヂミがお家で簡単にできるレシピは、イカや桜エビを使い、ニラや長ねぎで風味を加えます。炭酸水を加えることで、生地に軽やかな食感をもたらし、ごま油でじっくり焼き上げることで、外はカリッと、中はふんわりとした食感に仕上がります。
ニラ・ 長ねぎ・ イカ (捌く)・ 桜エビ・ 薄力粉・ 片栗粉・ 塩・ ごま油:・ 炭酸水・ しょうゆ・ 酢...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]
[最終更新日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!