【男子ごはん】ベトナム風お好み焼き『バインセオ』のレシピ・作り方

【男子ごはん】ベトナム風お好み焼き『バインセオ』のレシピ・作り方

画像はイメージです

放送の【男子ごはん 夏にピッタリ!本格ベトナム料理】で紹介された、栗原心平さんのベトナム風お好み焼き『バインセオ』のレシピ・作り方です。

驚きの本場カリカリ食感を再現。

バインセオ

材料

<生地>
ココナッツミルク 200g
米粉 100g
水 100cc
塩 2つまみ
ターメリック 小さじ1/4
香菜 適量
ラード (常温に戻す) 大さじ4

<具材>
揚げ玉 大さじ2
卵 1個
むきエビ 10尾
豚バラ薄切り肉 4枚 (120g)
玉ねぎ 40g
もやし 50g
塩 適量黒こしょう 適量

<包む野菜>
サニーレタス、エゴマ、バジル、 ミント、 香菜:各適量

<タレ>
にんじん 50g
大根 50g
玉ねぎ 30g
塩 小さじ1
水 大さじ2
ヌクマム 大さじ2
レモン果汁 大さじ1.5
砂糖 小さじ1
豆板醤 小さじ1/3

作り方
  • 大根(50g)にんじん(50g)は千切りにする
    玉ねぎ(30g)は薄切りにしてボウルに加え塩(小さじ1)を振って揉み10分程置き水分をしっかり絞る
  • レモン果汁(大さじ1.5)水、ヌクマム(各大さじ2)、豆板醤(小さじ1/3)を加える
  • 砂糖(小さじ1)を加えてよく混ぜ合わせる
  • 豚バラ薄切り肉(120g)は4cm幅に切る
  • むきエビ(10尾)は洗って背ワタがあれば取り除く
  • 豚バラ薄切り肉に塩、黒こしょう(各適量)を振る
  • 玉ねぎ(40g)は薄切りにする
  • ボウルに米粉(100g)ターメリック(小さじ1/4)
    塩(2つまみ)を入れる
  • ココナッツミルク(200g)を加える
  • 水(100cc)を加えてよく混ぜ合わせる
  • 香菜(大さじ2分)はみじん切りにして生地に加えよく混ぜ合わせる
  • フライパンを強火で熱して豚肉を入れる
  • エビを加える
  • お玉1杯分の生地を薄く流し入れる
    カリカリでサクサクな食感に仕上げるために生地は薄くひき表面の水分をしっかり乾かす
  • フライパンの縁からラード(大さじ2)を加えて生地の下に入れ込み弱火でじっくり揚げ焼きにする
  • 玉ねぎ、もやし(25g)揚げ玉(大さじ1)を加える
  • 溶き卵 1個 を半量を加える
  • 蓋をして2分程蒸し焼きにする
  • 野菜ダレを器に盛る
  • サニーレタス、エゴマ、ミント、バジル、香菜を器に盛る
  • 半分に折りかえす
  • 5
  • 10
  • 1

男子ごはんの本

国分太一・栗原心平

『男子ごはん』の最新レシピ

白菜の漬物とメンマの炒め物
2024年7月14日放送の【男子ごはん 発酵シリーズ第2弾 中華定食】で紹介された、 栗原心平さんの『白菜の漬物とメンマの炒め物』レシピ・作り方です。
白菜の漬物・ メンマ・ ごま油・ しょうが・ 豚バラ薄切り肉・ 塩・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
豚トロと卵のトウチスープ
豚トロ・ トウチ・ 卵・ 酒・ 鶏がらスープの素 (半練り)・ しょうが (千切り) ・ 片栗粉・ 水・ 万能ねぎ・...
詳しいレシピ・材料を見る
ザーサイとトマトのサラダ
2024年7月14日放送の【男子ごはん 発酵シリーズ第2弾 中華定食】で紹介された、『ザーサイとトマトのサラダ』栗原心平さんのレシピ・作り方です。
ザーサイ (瓶詰)・ オクラ 8本・ ミニトマト・ しょうが・ 塩・ ごま油・ しょうゆ・ すし酢・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
プーアール玄米
2024年7月14日放送の【男子ごはん 発酵シリーズ第2弾 中華定食】で紹介された、『プーアール玄米』のレシピ・作り方です。
プーアール茶(ティーバッグ)・ 玄米・ 塩・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
コムタム
2024年7月7日放送の【男子ごはん 夏にピッタリ!本格ベトナム料理】で紹介された、栗原心平さんのベトナム料理『コムタム』ベトナム料理のレシピ・作り方です。 濃厚甘辛豚肉&ジャスミンライスの一品。コムタムとは「砕けた米」という意味で、ごはんに甘辛味の豚肉を乗せたワンプレート。
豚肩ロース肉・ 玉ねぎ(みじん切り)・ 青唐辛子・ ヌクマム・ 水・ 砂糖・ 卵・ 香菜、ライム (くし...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]
[最終更新日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!