【相葉マナブ】餅入り『黒酢酢豚』飄香の井桁シェフのレシピ・作り方

画像はイメージです

放送の【相葉マナブ】で紹介された餅入り『黒酢酢豚』飄香の井桁シェフのレシピ・作り方情報。

お正月に余った切り餅でできる中華レシピ。サクサクとした食感のお餅が、黒酢のコク深い味わいと見事にマッチします。
豚バラ肉を使った餅の巻き方・合間で肉を休める2度揚げ・濃厚さが増す黒酢だれの作り方がポイントです。

黒酢酢豚

材料

もち 50g

豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用) 8枚
塩 少々
コショウ 少々
紹興酒 小さじ1

<衣>
溶き卵 大さじ2
片栗粉 大さじ1と1/2

<黒酢ダレ>
砂糖 大さじ3
紹興酒 小さじ2/3
しょう油 小さじ1と1/2
黒酢 大さじ2
レモン果汁 小さじ2
鶏がらスープ 大さじ3

にんにく 1かけ
水溶き片栗粉(水・片栗粉) 各小さじ1/2
ゴマ油 小さじ1
サラダ油 適量
片栗粉 揚げ油

作り方
  • 準備
    切り餅 サイコロ状にカット
    <黒酢だれ> 混ぜておく
  • 豚バラ肉・塩・こしょう・紹興酒で下味付ける
  • お餅を巻いて片栗粉をまぶす
  • 片栗粉・溶き卵を混ぜたものをつける
  • 160度の油で2分揚げる
  • 取り出して1分休ませる
  • さらに180度で1分揚げる
  • フライパンにニンニクのみじん切り・油を入れて<黒酢だれ>を入れる
    黒酢だれを沸騰させ 水分量を3分の2ほどに煮詰める
  • 水とき片栗粉でとろみをつける
  • ごま油を追加して肉団子を入れて絡める
  • 5
  • 10
  • 1

相葉雅紀・嵐

『相葉マナブ』の最新レシピ

白菜とホタテのポタージュ
2024年2月18日放送の【相葉マナブ】で紹介されたアロマフレスカ原田シェフの『白菜とホタテのポタージュ』作り方情報。 塩を振り水分を出し味付けは塩とホタテだけ!食材でとろみをつけるレシピです。 乳製品は加えず味付けは塩とホタテのダンのみ。白菜の甘みとホタテの旨味が溶け合い、心温まる一品に仕上がります。ごはんを加えることで、とろみが増すプロのテクニックは必見です。
白菜・ 太白ごま油・ 塩・ ホタテの水煮・ ごはん・ 水・ 青ネギ・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
白菜とイカのバター醤油蒸し煮
2024年2月18日放送の【相葉マナブ】で紹介された白菜『白菜とイカのバター醤油蒸し煮』小林まさみ先生・まさる先生のレシピ・作り方情報。 和と洋の味わいが絶妙に融合した一品です。白菜の甘みとイカの旨味がバター醤油のコク深い風味で引き立てられます。簡単ながらも、ご家庭で本格的な味を楽しめるレシピです。
白菜・ 生イカ・ みりん・ しょう油・ バター・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
白菜の無限すきしゃぶ
2024年2月18日放送の【相葉マナブ】で紹介された『白菜の無限すきしゃぶ』のレシピ・作り方情報。 この「白菜の無限すきしゃぶ」は、寒い季節にぴったりの温かい一品です。白菜と豚バラ肉を使ったシンプルながらも、めんつゆと白だしの旨味が溶け込んだスープが絶品。
白菜・ 豚バラ肉・ めんつゆ(3倍濃縮)・ 白だし・ 水・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
二目あんかけご飯
2024年2月18日放送の【相葉マナブ】で紹介された料理研究家ジョーさんの白菜とハムで『二目あんかけご飯』レシピ・作り方情報。 白菜とベーコンで五目ならぬ二目!白菜のシャキシャキ感とハムの旨味が絶妙にマッチし、ご飯によく合うあんかけが特徴です。
白菜・ ハム・ ゴマ油・ 酒・ しょう油・ 鶏がらスープの素・ コショウ・ 水・ 片栗粉・ 水・ おろし...
詳しいレシピ・材料を見る
白菜とベーコンのチーズトースト
2024年2月18日放送の【相葉マナブ】で紹介された『白菜とベーコンのチーズトースト』のレシピ・作り方情報。 忙しい朝にもぴったりな、農家のお母さんが教えてくれた簡単で美味しい白菜のアレンジレシピです。食パンに白菜、ベーコン、チーズ、マヨネーズをのせて焼くだけで、外はカリッと中はジューシーな一品が完成します。粗挽きコショウがアクセントになり、朝食やブランチに最適です。
白菜・ ベーコン・ 食パン(6枚切り)・ バター・ ピザ用チーズ・ マヨネーズ・ 粗挽きコショウ・ ...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]
[最終更新日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!