【DAIGOも台所】『春菊と長ねぎのクリーム煮』のレシピ・作り方を紹介

画像はイメージです

放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された鍋に入れない春菊の食べ方『春菊と長ねぎのクリーム煮』のレシピ・作り方。

春菊と長ねぎのクリーム煮

材料

春菊 50g
長ねぎ 1本
バター 30g
ほたて貝柱 6個
ブイヨン 200ml
生クリーム 50ml
小麦粉 小さじ2
塩 適量
こしょう 適量

作り方
  • 準備春菊 5cmに切る
    長ねぎ 5mm幅の斜め切り
  • フライパンにバター(20g)を溶かし、長ねぎを入れて塩・こしょうして中火でしんなりするまで炒める
    長ねぎをしんなりするまで炒めて甘みを出す
  • 小麦粉を加えて軽く炒める
  • ブイヨンを加えて混ぜ、沸騰したら春菊を入れ、ひと煮立ち
  • 生クリームを加えて、中火3分煮る
  • ほたて貝柱塩・こしょうをする
  • 別のフライパンにバター(10g)を熱して茶色く色づけ、強火でほたてを片面1分ずつ焼く
    あまり火を通しすぎるとゴムのようになってしまうので注意
  • スープの味をみて塩・こしょうで味を調えて器に盛りつけ、ほたてをのせ、焼き油をかける
    ほたてを焼いた油も入れて旨味をアップ
  • 5
  • 10
  • 2

DAIGOも台所コラボ包丁

『DAIGOも台所』レシピ本

『DAIGOも台所』の最新レシピ

豚肉のガーリック炒め
2024年2月29日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された川﨑元太先生の2月29日のニンニクの日の『豚肉のガーリック炒め』レシピ。 にんにくの茎と薄切りの豚肩ロースを使ったこのレシピは、にんにくの風味を存分に楽しむことができます。
豚肩ロース肉(薄切り)・ にんにくの茎・ 玉ねぎ・ にんにく・ いりごま(白)・ 塩・ こしょう・ サラダ油・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
カキのおかゆ鍋
2024年2月28日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された割烹長谷川先生の『カキのおかゆ鍋』のレシピ・作り方情報。 ご飯と水から始まり、新鮮なかきと豚バラ肉の旨味が合わさって、深い味わいを生み出します。簡単ながらも、家族や友人を招いての食卓に華を添えること間違いなしのレシピです。おろししょうがやあさつき、ぽん酢を加えることで、味にさっぱり感をプラスし、食欲をそそります。
ご飯・ 水・ かき・ 豚バラ肉(薄切り)・ 長ねぎ・ おろししょうが・ あさつき・ ぽん酢・ すりごま・ 塩...
詳しいレシピ・材料を見る
鶏すき雑炊
2024年2月28日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された長谷川先生の具だくさんで体があったまる元気がゆのバリエーション『鶏すき雑炊』のレシピ・作り方情報。 ジューシーな鶏もも肉、シャキシャキの長ねぎと大根が絶妙に絡み合い、優しい味わいの煮汁で炊き上げられたご飯が絶品。溶き卵を加えることで、さらにまろやかな味わいに。
鶏もも肉・ 長ねぎ・ 大根・ 塩・ ご飯・ 卵・ 青ねぎ(小口切り)・ 油・ 酒・ しょうゆ・ みりん・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
白菜とツナのスープ
2024年2月27日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介されたツナ缶を使ったレシピ『白菜とツナのスープ』の作り方情報。 白菜とツナのスープは、簡単でありながら栄養豊富な一品です。冷蔵庫にある材料で手軽に作れ、特に寒い日には体を温めてくれる優しい味わいが特徴です。白菜のシャキシャキ感とツナの旨みがブイヨンの風味と絶妙にマッチし、グリンピースの鮮やかな緑色が彩りを添えます。にんにくとベーコンの香ばしさが全体を引き立て、どんな食卓にも合う一品に仕上がります。
白菜・ ツナ缶・ ベーコン・ にんにく・ 小麦粉・ ブイヨン・ グリンピース・ バージンオリーブ油・ 塩・ こしょう...
詳しいレシピ・材料を見る
もちっと豚だいこん
2024年2月26日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された長谷川先生の大根の応用レシピ『もちっと豚だいこん』のレシピ・作り方情報。 豚バラ肉の旨みと大根の甘さ、水菜のシャキシャキ感が絶妙にマッチします。なめたけが加わることで、ほどよいアクセントもあり、薄切り餅のもちもちとした食感が、この料理の特別なポイントになっています。かつお節の風味が全体を引き締め、ごま油の香ばしさが食欲をそそります。
豚バラ肉(薄切り)・ 大根・ 水菜・ なめたけ・ 薄切り餅・ かつお節・ ごま油・ しょうゆ・ 練りがらし・...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]
[最終更新日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!