【DAIGOも台所】『さつま芋のきんぴら』のレシピ・作り方を紹介

画像はイメージです

放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された常備菜レシピ『さつま芋のきんぴら』のレシピ。
さつまいもの自然な甘みとベーコンの旨味が絶妙にマッチし、いんげんのシャキシャキ感がアクセント。砂糖としょうゆの甘辛い味付けが、食欲をそそります。合わせ調味料の砂糖はしっかり混ぜ溶かしてから入れること。

さつま芋のきんぴら

材料

さつまいも 300g
ベーコン(かたまり) 100g
いんげん 50g

<合わせ調味料>
砂糖 大さじ1 1/2
酒 大さじ1
しょうゆ 大さじ2

サラダ油 大さじ2
バター 15g
いりごま(黒) 適量

作り方
  • 準備
    さつまいも 1cm角、5cm長さの棒状に切る
    ベーコン 7mm角の棒状に切る
    いんげん 5cm長さに切る
    <合わせ調味料> 砂糖、酒、しょうゆを混ぜ合わせる
  • フライパンにサラダ油を熱し、さつまいも・ベーコンを中火で8分ほど焼き、さつまいもに焼き色がついてカリッとしたら、いんげんを加えて炒める
    さつまいもは火が強いと焼き色がつくが中まで火が通らない場合があるので、あまり火を強くしすぎない
  • フライパンの底にぬれ布巾を当てて粗熱を取り、<合わせ調味料>を加えてからめ、バターを加えて更にからめる
  • 器に盛り、黒ごまを散らす
  • 5
  • 10
  • 2

『DAIGOも台所』レシピ本

『DAIGOも台所』の最新レシピ

レンジで鶏のネギ酢だれ
2024年2月23日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された山本ゆり先生の初心者でもできる簡単レシピ『レンジで鶏のネギ酢だれ』の作り方。 電子レンジだけで作れるので、洗い物も少なく済みます。ジューシーな鶏もも肉に、風味豊かなネギ酢だれをかけることで、ご飯が進む味わいに。
鶏もも肉・ しょうゆ・ おろしにんにくチューブ・ おろししょうがチューブ・ 長ねぎ・ 砂糖・ 酢・ しょうゆ...
詳しいレシピ・材料を見る
小いかと菜の花のパスタ
2024年2月22日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された紫藤先生の、おひたし以外の菜の花レシピ『小いかと菜の花のパスタ』のレシピ・作り方情報。 春の息吹を感じさせる『小いかと菜の花のパスタ』です。鮮やかな菜の花と小いかの旨味が絶妙に絡み合い、赤唐辛子とアンチョビーが隠し味として加わることで、深みのある味わいを楽しめます。初心者でも簡単に作れるこのパスタは、春の訪れを感じさせる一皿です。
菜の花・ 青ねぎ・ 小いか・ スパゲッティーニ・ 赤唐辛子・ にんにく・ アンチョビー・ トマトソース・ 塩・ こし...
詳しいレシピ・材料を見る
キムチ肉じゃが
2024年2月21日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された簾先生の漬物を使った『とろ~り!キムチ肉じゃが』のレシピ・作り方情報。 伝統的な肉じゃがにキムチとチーズを加えた新感覚の一品です。ピリッとしたキムチの辛さととろけるチーズが絶妙にマッチし、ごはんにもパンにも合う万能料理です。
薄切り豚バラ肉・ じゃがいも・ 玉ねぎ・ にんじん・ キムチ・ 青ねぎ・ ピザ用チーズ・ サラダ油・ だし・...
詳しいレシピ・材料を見る
豚肉の花椒焼き
2024年2月20日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された河野先生のご飯に合う豚肉レシピ『豚肉の花椒焼き』の作り方。 ピリッとした花椒の風味が特徴の中華風料理です。シンプルながらも、花椒粉と赤唐辛子の刺激的な味わいが豚肉の旨味を引き立てます。合わせ調味料に漬け込むことで、肉が柔らかく、味がしっかり染み込みます。
豚ロース肉(しょうが焼き用)・ ピーマン・ サラダ油・ 酢・ しょうゆ・ 水・ 砂糖・ 花椒粉・ 赤唐辛子・...
詳しいレシピ・材料を見る
クラムチャウダー
2024年2月19日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された紫藤先生の『クラムチャウダー』のレシピ・作り方情報。 あさりの旨味がたっぷり溶け込んだこのレシピは、初心者でも簡単に作れるシンプルな手順で、家族や友人との食事にぴったりです。ベーコンと玉ねぎの風味が加わり、じゃがいものほくほく感が満足感を高めます。
あさり・ ベーコン・ 玉ねぎ・ じゃがいも・ タイム・ 小麦粉・ チキンブイヨンの素・ 牛乳・ バター・ クラッカー...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]
[最終更新日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!