【DAIGOも台所】『鮭とセロリのパスタ』のレシピ・作り方を紹介

画像はイメージです

2023年9月14日放送の「DAIGOも台所 プロが考えた超美味しい家庭料理」で紹介された『鮭とセロリのパスタ』のレシピ・作り方情報をチェックしました。

鮭とセロリのパスタ

材料

スパゲッティ 140g
さけ 2切れ(140g)

塩 小さじ1/2
砂糖 小さじ1/3

セロリ 1/2本(80g)
しいたけ 3枚
にんにく 1/2片
アンチョビ 1枚
白ワイン 大さじ2
オリーブ油 大さじ2
塩 適量
黒こしょう 適量

作り方
  • 準備
    さけ 皮を除いて2〜3cm角に切る
    セロリ 葉と茎に分け、茎は斜め薄切り、葉はせん切りに
    しいたけ 薄切り
    にんにく みじん切り
  • ボウルに分量の砂糖を混ぜ、さけにふって5分置く
  • お湯を沸かし約1%のを加えスパゲッティをゆでる
  • さけの水分をペーパータオルでふき取り、フライパンにオリーブ油(大1)を入れて熱し、さけの両面をサッと焼いて、取り出す(中火
  • フライパンにオリーブ油・にんにくを入れて炒める(中火
  • 香りが出たら、セロリの茎・しいたけをしんなりするまで炒めて端に寄せ、油を少し足してアンチョビーを炒め、白ワインを加えて(アルコール分をしっかり飛ばす)炒める
  • パスタのゆで汁・さけ・黒こしょうを加えてひと煮立ちさせる
  • スパゲッティ・セロリの葉を加えて中火で和え、器に盛る
  • 5
  • 10
  • 1

『DAIGOも台所』レシピ本

『DAIGOも台所』の最新レシピ

豚肉とニラのジャンジャン炒め
2024年5月29日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、『豚肉とニラのジャンジャン炒め』のレシピ・作り方です。 風味豊かな中華風の炒め物です。豚バラ肉とニラ、長ねぎを使い、豆板醤や甜麺醤、トウチージャンといった中華調味料でしっかりと味付けしています。にんにくの香りが食欲をそそり、ご飯が進む一品です。
豚バラ肉(焼き肉用)・ にら・ 長ねぎ・ にんにく・ 豆板醤・ 甜麺醤・ トウチージャン・ しょうゆ・ 塩・ こしょ...
詳しいレシピ・材料を見る
あじの香味和え
2024年5月27日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、さっぱりしたお魚レシピ『あじの香味和え』の作り方です。 あじと季節のししとう、みょうがの香りが絶妙に調和し、ぽん酢と梅肉の酸味が食欲をそそります。青じそのさわやかさも加わり、暑い季節にぴったりの料理です。
あじ(三枚おろし)・ ししとう・ みょうが・ 塩・ 小麦粉・ 揚げ油・ ぽん酢・ 水・ 梅肉・ 青じそ・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
塩焼きそば
2024年5月24日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、山本ゆり先生の『ええ麺使った塩焼きそば』のレシピ・作り方です。 ちょっと高級な中華麺を使った焼きそばレシピ。キャベツやもやし、豚バラ肉を加えたこの焼きそばは、シンプルながらも素材の旨味を引き出す一品です。おろしにんにくとおろししょうががアクセント。鶏ガラスープの素を使った合わせ調味料が、麺と具材を美味しくまとめ上げます。
中華麺・ キャベツ・ 豚バラ肉(薄切り)・ もやし・ おろしにんにく・ おろししょうが・ 塩・ こしょう・ サラダ油...
詳しいレシピ・材料を見る
カレー餃子
2024年5月23日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、定番以外のネタで作る『カレー餃子』のレシピ・作り方です。 カレー風味のあんがたっぷり詰まった餃子は、一口食べれば香ばしさとスパイシーさが口の中に広がります。キャベツとにらのシャキシャキ感と豚ひき肉のジューシーさが絶妙にマッチし、カレー粉がアクセントとなって食欲をそそります。
キャベツ・ にら・ 豚ひき肉・ ギョウザの皮(大判)・ サラダ油・ 酢・ しょうゆ・ ラー油・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
マカロニサラダ
2024年5月22日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、副菜『マカロニサラダ』のレシピ・作り方です。 マカロニをベースに、シャキシャキの玉ねぎ、さわやかなきゅうり、ゆで卵、ロースハム、プロセスチーズ、スイートコーンといった具材が加わり、彩り豊かな仕上がりです。
マカロニ・ 玉ねぎ・ ゆで卵・ きゅうり・ ロースハム・ プロセスチーズ・ スイートコーン缶・ マヨネーズ・ バージ...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]
[最終更新日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!