【DAIGOも台所】『手羽と舞茸のしょうが焼き』のレシピ・作り方を紹介

画像はイメージです

2023年9月12日放送の「DAIGOも台所」で紹介されたお財布にも優しい手羽の料理『手羽と舞茸のしょうが焼き』のレシピ・作り方情報をチェックしました。

手羽と舞茸のしょうが焼き

材料

手羽中 16本
まいたけ 100g

砂糖 大さじ1
酒 大さじ3
みりん 大さじ3
しょうゆ 大さじ3

おろしにんにく 小さじ1/3
おろししょうが 10g

サラダ菜 4枚
塩 適量
サラダ油 適量

作り方
  • 準備
    まいたけ 小房に分け
  • ボウルに砂糖・酒・みりん・しょうゆを混ぜ合わせて手羽中を入れ、ラップを密着させて5分おく
  • 手羽中を取り出してペーパータオルで汁気を取り、たれにおろしにんにく・おろししょうがを加える
  • フライパンにサラダ油(大1)を熱し、まいたけを加えて焼き色をつける(中火
  • 薄くをふって取り出す
  • 手羽中を入れて焼き色をつける(弱火
    フライパンの油が少ない時は油を追加
  • たれを2回に分けて加えながら手早くからめる(強火
  • 器にサラダ菜を敷いて手羽中・まいたけを盛る
  • 5
  • 20
  • 1

『DAIGOも台所』レシピ本

『DAIGOも台所』の最新レシピ

いわしの照り焼きごはん
2024年6月20日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、簾先生の『いわしの照り焼きごはん』のレシピ・作り方です。 いわしの旨味と甘辛い照り焼きソースがご飯に合う、ボリューム満点の一品です。アスパラガスのシャキシャキ感と長ねぎの風味が、料理に彩りを加え、食欲をそそります。
いわし(頭、内臓を取ったもの)・ アスパラガス・ 長ねぎ・ いりごま(白)・ ご飯・ 塩・ 小麦粉・ サラダ油・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
肉詰めピーマンの煮込み
2024年6月19日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、『肉詰めピーマンの煮込み』のレシピ・作り方です。 ピーマンの中に豚ひき肉としいたけを詰めた、美味しくてボリューム感のある一品です。豚ひき肉にしいたけやしょうが、にんにくを加えることで、風味豊かな味わいが楽しめます。また、煮込み調味料に紹興酒やオイスターソースを使うことで、深いコクと旨味がプラスされ、家庭で本格的な中華風の料理を楽しむことができます。
ピーマン・ 豚ひき肉・ しいたけ・ しょうが・ にんにく・ 粗びき黒こしょう・ 片栗粉・ サラダ油・ 紹興酒...
詳しいレシピ・材料を見る
鶏のクリーミーカレーソース
2024年6月18日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、レストランみたいなオシャレな一皿『鶏のクリーミーカレーソース』のレシピ・作り方です。 鶏もも肉とマッシュルームを使ったクリーミーなカレー風味の一品です。白ワインと生クリームが加わることで、上品でまろやかな味わいが楽しめます。
鶏もも肉・ マッシュルーム・ バージンオリーブ油・ カレー粉・ 白ワイン・ 生クリーム・ 塩・ こしょう・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
豚肉ときゅうりの梅肉酢
2024年6月17日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、『豚肉ときゅうりの梅肉酢』のレシピ・作り方。 豚ロース肉ときゅうり、わかめ、みょうがの組み合わせが食欲をそそり、特に暑い季節にぴったりの一品です。梅肉酢が料理全体にさわやかな酸味を加え、味わいを引き締めます。
豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用)・ きゅうり・ わかめ(乾)・ みょうが・ 塩・ 梅干し・ 砂糖・ しょうゆ・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
レンジでしっとり鶏塩チャーシュー
2024年6月2日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、山本ゆり先生の『レンジでしっとり鶏塩チャーシュー』山本ゆり先生のレシピ・作り方です。 冷凍の鶏胸肉をそのまま調理できるので、忙しい家庭にぴったりの簡単レシピです。電子レンジで加熱するだけでしっとりとした鶏塩チャーシューが完成します。味付けはシンプルでありながら、鶏ガラスープの素やごま油、おろしにんにく・しょうがが風味を引き立てます。最後に青ねぎと黒こしょうをトッピングすることで、見た目も鮮やかで食欲をそそる一品です。
鶏胸肉(冷凍)・ 顆粒鶏ガラスープの素・ 塩・ 砂糖・ ごま油・ おろしにんにく・ おろししょうが・ 水・ ...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!