【DAIGOも台所】たことジャガイモの手作りマヨネーズ和え のレシピ・作り方を紹介

画像はイメージです

2023年8月28日放送の「DAIGOも台所「S・I・O~先生のイチオシ」」で紹介された紫藤先生の『たことジャガイモの手作りマヨネーズ和え』レシピ・作り方情報。
家庭で簡単に作れる手作りマヨネーズも。

たことジャガイモの手作りマヨネーズ和え 

材料

ゆでだこの足 200g
じゃがいも 200g
ブロッコリー 100g
ゆで卵 2個
柚子こしょう 小さじ1/3
マヨネーズ 60g
塩 適量

<自家製マヨネーズ用調味料>
卵黄 1個
白ワイン酢 小さじ2
マスタード 大さじ1
塩 小さじ1/2
こしょう 適量
サラダ油 200ml

作り方
  • 準備
    じゃがいも 1cm幅の半月切りに
    ブロッコリー 小房に分ける
    たこ 一口大に切る(水かきは丁寧にカット)
    ゆで卵 2cm角に切る
  • じゃがいもを熱湯に約1%のを入れ4分ゆでる弱火
  • ブロッコリーを加え、更に3分火を通す
  • <自家製マヨネーズ用調味料>を泡立て器で混ぜてマヨネーズを作る
  • マヨネーズ(60g)と柚子こしょうを混ぜる
  • 具材をザルに取り出して粗熱を取り、ボウルに入れてたこ・ゆで卵を加えて和え、器に盛る
  • 5
  • 10
  • 2

『DAIGOも台所』レシピ本

『DAIGOも台所』の最新レシピ

肉団子と白菜のスープ
2024年4月18日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された川﨑先生の特売ひき肉でおかずになるスープ『肉団子と白菜のスープ』のレシピ・作り方情報。 ふんわりとした肉団子とシャキシャキ感が残る白菜が絶妙に合わさったスープです。干ししいたけと長いもが味に深みと食感のアクセントを加え、おかずになるスープです。
干ししいたけ・ 白菜・ 長いも・ 豚ひき肉・ 万能ねぎ・ しょうが・ 塩・ 紹興酒・ 水・ 溶き卵・ 片栗粉・ 中華...
詳しいレシピ・材料を見る
すき焼きうどん
2024年4月17日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された長谷川先生のパパッと作れる麺料理『すき焼きうどん』のレシピ・作り方情報。 すき焼きの〆がすぐに食べられる「すき焼きうどん」は、基本の調味料+昆布茶でできるすき焼きの割り下が、料理のコクと深みを加え、卵黄を添えることで、味のまろやかさが一層引き立ちます。
切り落とし牛肉・ 玉ねぎ・ しいたけ・ 青ねぎ・ ゆでうどん(冷凍)・ 卵黄・ サラダ油・ 昆布茶・ 酒・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
サワラの中華風蒸し煮
2024年4月16日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された川﨑先生の春の魚のおいしいレシピ『サワラの中華風蒸し煮』の作り方情報。 脂の乗ったさわらを使った中華風の味わいが楽しめる一品です。 中華スープとしょうゆで味付けしたスープがさわらのうまみを引き出し、豚バラ肉や野菜と共に煮込むことで、様々な食材の味が溶け合います。さわらに下味をしっかりとつけることで、味に深みを追加します。
さわら・ 豚バラ肉(薄切り)・ しいたけ・ 玉ねぎ・ 桜えび・ ミニトマト・ 青ねぎ・ サラダ油・ 中華スープ・ し...
詳しいレシピ・材料を見る
新じゃがいものガレット
2024年4月15日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された新じゃが祭り『新じゃがいものガレット』のレシピ・作り方。 新じゃがいも特有の甘みとベーコンの塩気が絶妙にマッチし、バターやオリーブ油で焼き上げたガレットは、外はカリカリ、中はふんわりとした食感が楽しめます。仕上げにパルメザンチーズを振りかけることで、風味豊かなアクセントが加わります。
新じゃがいも・ ベーコン・ バター・ 塩・ 黒こしょう・ バージンオリーブ油・ パルメザンチーズ(粉)・ ベビー...
詳しいレシピ・材料を見る
新玉ねぎたっぷり豚バラ豆腐
2024年4月12日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された山本ゆりさんの初心者レシピ『新玉ねぎたっぷり豚バラ豆腐』の作り方情報。 新鮮な新玉ねぎを使用することで、甘みとシャキシャキ感が加わり、豚バラ肉の旨味と豆腐の優しい味わいが絶妙に絡み合います。電子レンジを使用して簡単に調理できる初心者レシピです。
新玉ねぎ・ 豚バラ肉(薄切り)・ 豆腐・ 顆粒和風だしの素・ 砂糖・ 酒・ しょうゆ・ 水・ 万能ねぎ・ 七...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]
[最終更新日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!