【DAIGOも台所】鶏のヴィネガー風味のレシピ・作り方を紹介

画像はイメージです

2023年8月24日放送の「DAIGOも台所」で紹介された鶏のヴィネガー風味のレシピ・作り方情報をチェックしました。

鶏のヴィネガー風味

材料

手羽元 6本
じゃがいも 2個(250g)
にんにく 1/2片
みじん切り玉ねぎ 100g

バター 10g
白ワイン酢 大さじ2
白ワイン 大さじ2
トマトピューレ 50g
ブイヨン 300ml
塩 小さじ1/2
みじん切りパセリ 小さじ1

塩 適量
こしょう 適量
小麦粉 適量
バージンオリーブ油 適量

作り方
  • 準備
    じゃがいも 5mm厚さの輪切りに
    にんにく 芽をとって軽く叩きつぶす
  • 手羽元に沿って切り込みを入れ、塩・こしょうをし、小麦粉をふりかける
  • フライパンにバージンオリーブ油にんにくを熱し、手羽元を焼き色がつくまで焼いて取り出す(中火
  • 余分な油を捨て、バターを加えて玉ねぎのみじん切りをしんなりするまで炒める(中火
  • 手羽元を戻し入れて白ワイン酢を加え、蓋をして1分煮て香りを移す
  • 白ワインを加えてアルコール分をとばし、トマトピューレ・ブイヨン・分量の塩・じゃがいも・こしょうを入れて蓋をし、沸騰したら弱火で10分煮る
  • 器に盛り、パセリのみじん切りをふる
  • 5
  • 20
  • 2

『DAIGOも台所』レシピ本

『DAIGOも台所』の最新レシピ

新じゃがいものガレット
2024年4月15日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された新じゃが祭り『新じゃがいものガレット』のレシピ・作り方。 新じゃがいも特有の甘みとベーコンの塩気が絶妙にマッチし、バターやオリーブ油で焼き上げたガレットは、外はカリカリ、中はふんわりとした食感が楽しめます。仕上げにパルメザンチーズを振りかけることで、風味豊かなアクセントが加わります。
新じゃがいも・ ベーコン・ バター・ 塩・ 黒こしょう・ バージンオリーブ油・ パルメザンチーズ(粉)・ ベビー...
詳しいレシピ・材料を見る
新玉ねぎたっぷり豚バラ豆腐
2024年4月12日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された山本ゆりさんの初心者レシピ『新玉ねぎたっぷり豚バラ豆腐』の作り方情報。 新鮮な新玉ねぎを使用することで、甘みとシャキシャキ感が加わり、豚バラ肉の旨味と豆腐の優しい味わいが絶妙に絡み合います。電子レンジを使用して簡単に調理できる初心者レシピです。
新玉ねぎ・ 豚バラ肉(薄切り)・ 豆腐・ 顆粒和風だしの素・ 砂糖・ 酒・ しょうゆ・ 水・ 万能ねぎ・ 七...
詳しいレシピ・材料を見る
キャベツとちくわの梅風味
2024年4月11日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された『キャベツとちくわの梅風味』のレシピ・作り方情報。 梅干しを使ったドレッシングで和えることで、食欲をそそる酸味と香りを楽しめます。キャベツ、ちくわ、ピーマンというシンプルな材料を使いながら、梅だれが彩りと味わいのアクセントを加え、普段の食卓に新鮮さをもたらします。
キャベツ・ ちくわ・ ピーマン・ いりごま(白)・ かつお節・ サラダ油・ 梅干し・ 酒・ 砂糖・ しょうゆ...
詳しいレシピ・材料を見る
かに玉
2024年4月10日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された川﨑先生の『ふんわりかに玉』のレシピ・作り方情報。 ふわふわの卵とかにかまぼこの組み合わせが絶妙な、中華風のおかずです。このレシピのポイントは、卵をしっかりと溶きほぐして空気を含ませることで、卵がふわふわに仕上がることにあります。さらに、かにかまぼこを二通りの食感で楽しめるように、一部をほぐし、一部を切り込む工夫が施されています。
かにかまぼこ・ 青ねぎ・ 卵・ 塩・ こしょう・ ごま油・ なめたけ・ サラダ油・ 中華スープ・ 塩・ 砂糖...
詳しいレシピ・材料を見る
春の炊き込みごはん
2024年4月8日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された旬の食材で作る『春の炊き込みごはん』のレシピ・作り方情報。 ゆでたけのこ、桜えび、木の芽という春を代表する食材を使用し、ほのかな甘さと独特の風味を米とともに楽しむことができます。桜えびの香りの花が咲き、たけのこと桜えびの食感の違いが楽しめ、木の芽の香りが食欲をそそります。
ゆでたけのこ・ 桜えび・ 木の芽・ 油揚げ・ 米・ サラダ油・ だし・ みりん・ 塩・ 薄口しょうゆ・ ...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]
[最終更新日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!