【人生最高レストラン】寿司・穴子の丸づけ 森三中・西川きよし『福喜鮨』大阪のお店の場所

【人生最高レストラン】寿司・穴子の丸づけ 森三中・西川きよし『福喜鮨』大阪のお店の場所

画像はイメージです

放送の【人生最高レストラン】で森三中が紹介した人生最高の一品として紹介した寿司は西川きよしさんに連れていってもらった大阪の『福喜鮨』です。

南方駅「福喜鮨 本店」

福喜鮨は明治43年創業したお寿司やさんで、東京・台東区柳橋で創業し、大正5年に大阪に移転した江戸前の老舗
です。

番組では30代前半に西川きよし師匠に森三中が連れてきてもらったお店として紹介され、名物の「穴子の丸づけ」が紹介されました。
4代目親方山本哲義さんが握る寿司がいただけます。


食べログ
  • 穴子の丸づけ
  • 宮城県塩釜産 中トロ
  • 当時の場所からは2年前に移転
  • 大阪メトロ御堂筋線・西中島南方駅から徒歩3分
  • 素材の味を最大限に引き出す塩気の強いシャリ

口コミ・予約

一休.comレストラン

福喜鮨 本店 (フクキズシ ホンテン) – 南方/西中島南方/寿司 [一休.comレストラン]

「1910年(明治43年)創業」伝統と革新が紡ぐ鮨の道。福喜鮨は1910年に東京で創業し100年以上もの歴史を持つ鮨屋であり、初代から暖簾と共にそのこだわりの技法はもちろん、最も大切にしている[鮨は心で握ること]という職人の品格を現在でも守り続け日々営業しております。「俺は70になってもまだ鮨がわからねぇ」という初代の言葉通り、常に良いものをお客様に召し上がっていただく。ということだけを常に考え、鮨の道に終わりなしという気持ちで日々包丁を握っております。当店こだわりの握りを心ゆくまでご堪能ください。福喜鮨 本店の予約は一休.com レストラン。…

ホームページ

福喜鮨

福喜鮨は1910年 東京で創業し 110年以上の歴史を持つ鮨屋であり、初代から暖簾と共にそのこだわりの技法はもちろん、 最も大切にしている[鮨は心で握ること]という職人の品格を現在でも守り続け日々営業しております。 「俺は70になってもまだ鮨がわからねぇ」という初代の言葉通り、常に良いものをお客様に召し上がって頂く。ということだけを常に考え、鮨の道に終わりなしという気持ちで日々包丁を握っております。…

住所 大阪府大阪市淀川区西中島1-9-13 クレアシオン新大阪 3F
電話 06-6795-9088

加藤浩次・宇賀神メグ・島崎和歌子・高橋茂雄・森三中

[記事公開日]
[最終更新日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!