【ヒルナンデス】キャンプ飯『きのこジャンボギョーザ』レシピ・作り方を紹介〔荒川静香・髙地優吾〕

【ヒルナンデス】キャンプ飯『きのこジャンボギョーザ』レシピ・作り方を紹介〔荒川静香・髙地優吾〕

画像はイメージです

2023年9月18日放送の【ヒルナンデス】で紹介された『きのこジャンボギョーザ』レシピ・作り方情報。

きのこジャンボギョーザ

材料

市販のギョーザの皮 32枚
しめじ 200g
豚ひき肉 350g
キャベツ 1/4個
ニラ 1束

<調味料>
ごま油 小さじ2
しょう油 小さじ2
酒 小さじ2
片栗粉 小さじ2
にんにく 小さじ1
しょうが 小さじ1
塩・こしょう 少々

作り方
  • 準備
    しめじ 細かく刻む
  • 豚ひき肉・キャベツ・ニラ・調味料で味付けしたしめじを混ぜ合わせる
  • 市販のギョーザの皮4枚に200gの餡を敷き詰める
  • 餡の上からさらに4枚皮をかぶせていく
  • ホットサンドメーカーで挟んで両面焼いていく
  • 2
  • 7
  • 4

藤田ニコル・小峠英二・小森隼・GENERATIONS・フワちゃん・コットン・神谷健太・浦川翔平・鈴木昂秀・RAMPAGE・堀田茜・荒川静香・西村瑞樹・バイきんぐ・髙地優吾・SixTONES・安斉星来・清水ミチコ・村方乃々佳

『ヒルナンデス』の最新レシピ

なんちゃってドバイチョコ
2024年7月23日放送の【ヒルナンデス】で紹介された、そうめんで新感覚チョコ?!『なんちゃってドバイチョコ』藤井恵先生のレシピ・作り方です。 シンプルな材料で作れる、おやつにぴったりのレシピです。茹でそうめんを使った意外性のある食感と、ピーナツバターとチョコレートの濃厚な味わいが魅力的です。見た目にもこだわってチョコペンで模様を描くことで、楽しさと美味しさを一層引き立てます。
残った茹でそうめん・ バター・ ピーナツバター(加糖で粒入り)・ 板チョコレート・ チョコペン(白)・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
韓国風ビビンそうめん
2024年7月23日放送の【ヒルナンデス】で紹介された、ビビン麺のタレで『韓国風ビビンそうめん』藤井恵先生のレシピ・作り方です。 暑い季節にぴったりの冷たい麺料理です。そうめんのシンプルな味わいと、ビビン麺のタレの辛さや甘さが絶妙にマッチします。きゅうりや梨の爽やかさ、温泉卵のまろやかさが加わり、全体のバランスが非常に良い一品です。ビビン麺のタレは手作りすることで、より一層深みのある味わいを楽しむことができます。
そうめん(乾)・ きゅうり・ 塩・ 温泉卵・ 梨・ ごま油・ すり白ごま・ 梨(ヘタ・種・皮をとる)・ 玉ね...
詳しいレシピ・材料を見る
ぶっかけ!ごま味噌そうめん
2024年7月23日放送の【ヒルナンデス】で紹介された、柴漬とみょうがで『ぶっかけ!ごま味噌そうめん』藤井恵先生のレシピ・作り方です。 暑い季節にぴったりの爽やかで風味豊かな一品です。みょうがや柴漬けがアクセントとなり、みそのコクとすりごまの香ばしさがそうめんと絶妙にマッチします。削りぶしの旨味が全体の味を引き締め、ひと口食べるごとに食欲がそそられます。
柴漬・ みょうが・ みそ・ すり白ごま・ 削りぶし・ そうめん・ 冷水・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
汁ごと大根おろしそうめん
2024年7月23日放送の【ヒルナンデス】で紹介された、『汁ごと大根おろしそうめん』藤井恵先生のアレンジそうめんレシピ・作り方です。 夏にぴったりのさっぱりとした一品です。大根おろしを汁ごと使うことで、爽やかな風味が口いっぱいに広がります。塩昆布と梅干しがアクセントとなり、青しその香りがさらに食欲を引き立てます。
大根おろし・ 塩昆布・ 梅干し・ 青しそ・ そうめん・ 冷水・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
ふわふわフリッター
2024年7月22日放送の【ヒルナンデス 藤田ニコル・北斗晶コストコ食材使い切りレシピ】で紹介された、さんま蒲焼で『ふわふわフリッター』北斗晶さんのコストコレシピ・作り方です。 さんまの蒲焼を使ったふんわりとしたフリッターです。外はサクッと中はふわふわの食感が楽しめる一品で、簡単に作れるうえにボリュームもあるので、メインディッシュとしても最適です。さんまの蒲焼の甘辛い味わいと、絹豆腐のまろやかさが絶妙にマッチし、家庭で手軽にプロの味を楽しむことができます。
さんま蒲焼・ 絹豆腐・ 片栗粉・ サラダ油(揚げ油)・ 一味唐辛子・ リーフレタス・ レモン(くし切り)・ ...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]
[最終更新日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!