【DAIGOも台所】『うな丼&しじみのお吸い物』のレシピ・作り方を紹介〔ダイゴも台所〕

【DAIGOも台所】『うな丼&しじみのお吸い物』のレシピ・作り方を紹介〔ダイゴも台所〕

画像はイメージです

放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、長谷川先生の『うな丼&しじみのお吸い物』のレシピ・作り方です。

うな丼&しじみのお吸い物

材料

<うな丼>
うなぎの蒲焼き 2尾
ご飯 適量
うなぎのたれ 適量
粉山椒 適量

<しじみのお吸い物>
しじみ 120g
だし 400ml
青ねぎ 1本
みょうが 1個
酒 大さじ1/2
薄口しょうゆ 小さじ1
塩 適量

作り方
  • 準備
    しじみ 約1%の塩水に5時間つけて砂出しをし、しじみをこすり合わせて洗い、水で洗って水気をきる
    青ねぎ 小口切り
    みょうが 小口切り
    みょうが 水でサッと洗って水気を取る
  • 鍋に冷めただし・しじみを入れて火にかけ、沸いてきたら火を弱める
  • 殻が開いたしじみを一度取り出し、別の鍋にだしをペーパータオルでこし入れて火にかける
  • 酒・塩(小1/3)、薄口しょうゆを加え、しじみ・青ねぎを加える
  • うなぎの蒲焼きは半分に切り、フライパンに皮目を下にして並べ、表面に水を少量ふりかけて蓋をし、弱火で約4分30秒蒸し焼きにする
  • 器にご飯を盛り、鰻をのせてうなぎのたれをかけ、粉山椒をふり、椀に汁を盛ってみょうがをのせる
  • 5
  • 10
  • 1

DAIGOも台所コラボ包丁

『DAIGOも台所』レシピ本

『DAIGOも台所』の最新レシピ

そうめんパーティー
2024年7月15日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、『そうめんパーティー』のレシピ・作り方です。 そうめんを中心に、梅納豆つゆ、冷やし担々麺風つゆ、やみつきだれ、そして簡単カプレーゼの4種類の副菜でバリエーション豊かな味を楽しむことができます。梅納豆つゆのさっぱりとした風味や冷やし担々麺風つゆのピリッとした刺激、やみつきだれの旨味、そして簡単カプレーゼのフレッシュな味わいが、それぞれの個性を引き立て合います。
そうめん・ モッツァレラチーズ・ ミニトマト(赤)・ ミニトマト(黄)・ バジル・ バージンオリーブ油・ 塩...
詳しいレシピ・材料を見る
巻かないキンパ丼
2024年7月12日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、山本ゆり先生の初心者でもできる簡単レシピ『巻かないキンパ丼』作り方。 細かい手間をかけずに、キンパの味を再現できるので、忙しい日や手軽に韓国料理を楽しみたい時にぴったりです。ごま油と鶏ガラスープの素で和えたほうれん草やにんじんのシャキシャキとした食感が、甘辛い牛肉とよく合い、たくあんのアクセントが食欲をそそります。
にんじん・ ほうれん草・ たくあん・ 牛肉(切り落とし)・ 顆粒鶏ガラスープの素・ ごま油・ 片栗粉・ 砂糖・ しょ...
詳しいレシピ・材料を見る
新玉タルタルトースト2024夏
2024年7月11日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、『新玉タルタルトースト2024夏』のレシピ・作り方。 新鮮な玉ねぎをたっぷり使ったタルタルソースを、食パンにのせて焼き上げる簡単で美味しいトーストです。朝食やブランチにぴったりで、ベーコンの風味とクリーミーなマヨネーズが絶妙にマッチします。仕上げに卵を乗せることで、ボリューム感と栄養バランスがアップします。
卵・ 食パン・ 玉ねぎ・ ベーコン・ マヨネーズ・ 塩・ ドライパセリ・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
夏のかき揚げ
2024年7月10日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、『夏のかき揚げ』のレシピ・作り方です。
ゴーヤ(にがうり)・ 玉ねぎ・ スイートコーン缶・ 小麦粉・ 塩・ 揚げ油・ 冷水・ 小麦粉・ 片栗粉・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
アサリとわかめのパスタ
2024年7月9日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、『アサリとわかめのパスタ』のレシピ・作り方。 アサリの旨みとわかめの風味がスパゲッティに絡み合い、爽やかな味わいが特徴です。バージンオリーブ油やにんにく、赤唐辛子の香りが引き立てることで、シンプルながらも深い味わいが楽しめます。
スパゲッティ(1.6mm)・ あさり・ わかめ(塩蔵)・ にんにく・ 赤唐辛子・ バージンオリーブ油・ 白ワイン・ ...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]
[最終更新日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!