【DAIGOも台所】『新じゃがの甘辛バターしょうゆ』山本ゆりさんのレシピ・作り方を紹介〔ダイゴも台所〕

【DAIGOも台所】『新じゃがの甘辛バターしょうゆ』山本ゆりさんのレシピ・作り方を紹介〔ダイゴも台所〕

画像はイメージです

放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された山本ゆりさんの『新じゃがの甘辛バターしょうゆ』レシピ・作り方情報。

春の訪れを感じる新じゃがいもが主役の初心者レシピです。じゃがいものほくほくとした食感とバターのまろやかさが絶妙に絡み合い、甘辛いしょうゆベースのソースが味のアクセントを加えます。

  • 新じゃがいもをレンジで加熱し、手早く下ごしらえ
  • ジャガイモに片栗粉をまぶすと、タレのからみがよくなる
  • タレを入れる時は一度火を止めてから入れると焦げ付かない

新じゃがの甘辛バターしょうゆ

材料

新じゃがいも 小5個(200g)
ベーコン(かたまり) 50g
片栗粉 小さじ1

<味付け材料>
砂糖 大さじ1/2
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
おろしにんにく 小さじ1/4(チューブの場合2cm)

バター 10g
ドライパセリ 適量
黒こしょう(粗びき) 適量
サラダ油 大さじ1

作り方
  • 準備
    新じゃがいも 皮ごとよく洗って半分に切る
    ベーコン 1cm角の棒状に切る
    <味付け材料> 混ぜておく
  • 新じゃがいもの水気がついたまま耐熱ボウルに入れ、水大さじ3をふり、ふんわりラップをかけ、600Wの電子レンジで7分加熱する
  • 新じゃがいもの水気を取って片栗粉をまぶす
  • フライパンにサラダ油を熱してじゃがいも・ベーコンを入れ、中火でこんがり焼き色をつける
    じゃがいもは断面に焼き色をつけるイメージで、あまり動かさない
  • 火を一旦止めてから、<味付け材料>のソース、バターを加えて中火でからめる
  • 器に盛り、ドライパセリ・黒こしょうをふる
  • 5
  • 10
  • 2

DAIGOも台所コラボ包丁

『DAIGOも台所』レシピ本

『DAIGOも台所』の最新レシピ

豚肉と豆苗のピリ辛炒め
2024年7月23日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、『豚肉と豆苗のピリ辛炒め』のレシピ・作り方です。
豚バラ肉(焼肉用)・ 豆苗(トウミョウ)・ パプリカ(赤)・ 片栗粉・ しょうゆ・ 砂糖・ ラー油・ 塩・ こしょう...
詳しいレシピ・材料を見る
ロコモコ
2024年7月22日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、『ロコモコ』のレシピ・作り方です。 ハワイアンフードの代表的な一品で、ご飯の上にジューシーなハンバーグ、デミグラスソース、目玉焼きが乗った豪華な丼です。食材も手に入りやすく、家で手軽に作れるのが魅力です。特にデミグラスソースの濃厚な味わいがハンバーグと相性抜群で、トマトやレタスのシャキシャキ感がアクセントとなります。
牛ひき肉・ 玉ねぎ・ ミニトマト・ レタス・ パン粉・ デミグラスソース・ トマトケチャップ・ 水・ 卵・ ご飯・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
豚こまとなすのポン酢炒め
2024年7月19日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、山本ゆりさんの初心者でもできる簡単レシピ『豚こまとなすのポン酢炒め』レシピ・作り方です。
豚こま切れ肉・ なす・ にら・ 片栗粉・ 砂糖・ ぽん酢・ サラダ油・ ...
詳しいレシピ・材料を見る
チキン・ジンジャー
2024年7月18日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、『チキン・ジンジャー』のレシピ・作り方。
鶏もも肉・ 塩・ こしょう・ バージンオリーブ油・ キャベツ・ ミニトマト・ おろししょうが・ おろしにんに...
詳しいレシピ・材料を見る
そうめんパーティー
2024年7月15日放送の「DAIGOも台所(ダイゴも台所)」で紹介された、『そうめんパーティー』のレシピ・作り方です。 そうめんを中心に、梅納豆つゆ、冷やし担々麺風つゆ、やみつきだれ、そして簡単カプレーゼの4種類の副菜でバリエーション豊かな味を楽しむことができます。梅納豆つゆのさっぱりとした風味や冷やし担々麺風つゆのピリッとした刺激、やみつきだれの旨味、そして簡単カプレーゼのフレッシュな味わいが、それぞれの個性を引き立て合います。
そうめん・ モッツァレラチーズ・ ミニトマト(赤)・ ミニトマト(黄)・ バジル・ バージンオリーブ油・ 塩...
詳しいレシピ・材料を見る

[記事公開日]
[最終更新日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!