【居酒屋新幹線2】『福井』のロケ地のお店・居酒屋メニューまとめ

画像はイメージです

放送の#居酒屋新幹線2で紹介された『福井』のお店のまとめページです。

オープニング「福井駅」

  • 鳴く恐竜オブジェ
住所 〒910-0006 福井県福井市中央1丁目1
電話

酒蔵で日本酒「常山酒造合資会社」

常山 純米辛口 超は、福井県越前市にある常山酒造が醸す、食中酒として圧倒的な存在感を放つ純米辛口酒です。

創業170年以上の歴史を持つ常山酒造の技術とこだわりが詰まった一杯で、杜氏自ら厳選した酒米と伏流水を使用し、伝統的な製法で丁寧に醸されています。
福井県産五百万石を100%使用し、伝統的な手法で丁寧に醸されています。米本来の旨味を最大限に引き出した、上質な味わいを楽しめます。

華やかな香りとキレのある辛口、そして旨味の三位一体は、和食はもちろん、洋食や中華など幅広い料理を鮮やかに引き立てます。

  • 9代目の社長がお出迎え
  • 創業 文化元年
  • 冷やして、常温で、燗でと、温度帯によって味わいが変化するのも魅力

常山 純米辛口 超

常山酒造合資会社

常山酒造のある福井県は豊かな自然に恵まれ、海の幸・山の幸など旬の食材が揃う食の宝庫として知られています。昔から日本有数の米どころでもあり、白山水系を水源としたミネラル豊富な水と変化に富んだ気候は酒づくりにも最適な環境です。…

住所 〒910-0854 福井県福井市御幸1丁目19−10
電話 0776-22-1541

豪華汐うに「天たつ 本店」

日本海の荒波で育まれた極上のバフンウニを、伝統的な製法で丁寧に熟成させた極上の珍味です。
口に運ぶと、濃厚な旨味が広がり、磯の香り豊かな余韻が長く続きます。

食べログ
  • 越前仕立て汐うに
  • 汐うにはバフンウニと塩だけで熟成し旨味を凝縮
  • 江戸時代から作られている
  • 天たつの 越前仕立て汐うには、このわた からすみと並んで日本の三大珍味に数えられている
  • 200年続く秘伝の製法で、素材の旨味を最大限に引き出す
  • 塩だけで熟成させることで、素材本来の甘みと濃厚な旨味が凝縮
  • 口の中でとろけるような滑らかな食感

越前仕立て汐うに

天たつ 福井片町本店 二百年雲丹商 | 公式オンラインショップ - 越前仕立て汐うに(雲丹)専門店「天たつ」オンラインショップ

天たつ 福井片町本店 二百年雲丹商 | 公式オンラインショップ

越前仕立て汐うに(雲丹)専門店「天たつ」オンラインショップ…

www.tentatu.com

住所 福井県福井市順化2-7-17

駅ビル「福福館」

  • 大津屋 へしこのおにぎり
  • 若狭梅酒
  • 上杉商店 小鯛ささ漬
(公式サイト)福井市観光物産館 福福館

福井市観光物産館 福福館のトップページ – (公式サイト)福井市観光物産館 福福館

地元の人も観光客も喜ぶにぎわい交流拠点。そこが、美味しい福井の旬をお届けする福井市観光物産館福福館。ここに来れば、人気の特産品の購入や、福井のおいしい食材を味わうことができます。…

www.fukubukukan.com

住所 〒910-0006 福井県福井市中央1丁目2−1
電話 0776-20-2929

若狭梅酒

芳醇な香りとまろやかな味わい、歴史と伝統が織りなす至極の梅酒です。

若狭梅酒に使用されるのは、福井県産の中でも希少な梅品種「紅映梅」のみです。
この梅は、完熟すると果皮が鮮やかな紅色に染まることから名付けられました。
若狭梅酒は、完熟した紅映梅を丁寧に漬け込むことで、梅本来の芳醇な香りと豊かな味わいを引き出しています。

  • 本格梅酒。昔ながらのクラフトづくり
  • 日本酒ベースと氷砂糖による優しい味わい

上杉商店「小鯛ささ漬」

明治32年創業の老舗、

小鯛ささ漬に使用される小鯛は、若狭湾で獲れた脂の乗った上質な小鯛のみを使用しています。
若狭湾は、日本海の荒波と豊富な栄養素によって育まれた小鯛の産地として有名です。上杉商店では、その中でも特に脂の乗った旬の時期の小鯛を厳選することで、最高の味わいを追求しています。

小鯛の骨抜きは、熟練の職人が一本一本丁寧に手作業で行うことで、繊細な味わいを保ちます。その後、独自の調味液に漬け込み、機械によって均一に味を染み込ませます。
調味液は素材にこだわり、化学調味料を一切使用していません。昆布、椎茸、干し貝柱などの天然素材から旨味を引き出し、小鯛の味わいを最大限に引き立てます。

調味液に漬け込んだ小鯛は、じっくりと時間をかけて熟成させます。熟成させることで、小鯛の旨味が凝縮され、深い味わいになります。

清水食品 たくわん煮

銘菓羽二重餅「錦梅堂」

「錦梅堂」は、弘化四年(1847年)に初代紅谷伊三郎によって創業されました。

お店は、越前福井藩松平家のご用達として知られ、越前国(現在の福井県)の名産である絹織物、特に羽二重織物をイメージした和菓子「羽二重餅」を考案しました。
この羽二重餅は、藩主に献上されるほどの評価を受け、その後、様々な派生商品が生まれました。


食べログ
  • 羽二重餅
  • 1847年に越前名産の絹織物をイメージして作られた
  • 口の中でふわっと溶ける
住所 福井県福井市順化 1-7-7
電話 0776-24-0383

眞島秀和・居酒屋新幹線

[記事公開日]
[最終更新日]

この記事の作者・監修

Activi TV

こんにちは!食べることが大好きなグルメライター・料理愛好家のActivi TVです。料理の世界に魅了され、様々な料理の作り方や味を探求する日々を送っています。各地で出会った料理から、私は常に新しいインスピレーションを受けています。料理は文化であり、人々をつなぎ、温かい気持ちにさせる素晴らしい手段だと信じています。私の記事を通じて、読者の皆さんも新しい味と出会い、楽しい食体験をしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします!