【大分の『中津唐揚げ』が東京で食べられる】幡ケ谷『とりあん』のお店・メニューを紹介『霜降り明星 東京で食べられる田舎グルメ』

画像はイメージです

2020年8月9日(土)放送の【東京で食べられる田舎グルメ】で紹介される大分の『中津唐揚げ』が東京で食べられる 幡ケ谷『とりあん』お店情報をチェック。

幡ケ谷駅「とりあん 幡ヶ谷店」


食べログ
  • 骨なしもも 320円
  • 砂ずり 320円
  • ナンコツ 360円
  • 大分の『中津唐揚げ』が東京で食べられる
  • 大分の1日3万個売れる唐揚げ
  • 香味野菜・九州醤油を使用
  • 常連は生のピーマンの上に唐揚げをのせて食べる
Retty(レッティ)

とりあん 幡ヶ谷店(幡ヶ谷/からあげ) – Retty

幡ヶ谷にある唐揚げ専門店「大分から揚げ専門店 とりあん 幡ヶ谷店」。基本の唐揚げ定食は600円でモモとムネの唐揚げが2つずつ。下味がしっかり付いているからご飯が進む。また、テイクアウトが充実していて、唐揚げの各部位が120円から頼めるのも魅力だ。お店で食べるもよし、テイクアウトでゆっくり家で食べるもよしの唐揚げ店だ。…

retty.me

住所 東京都渋谷区幡ヶ谷2-8-9
電話 03-5351-1755

[記事公開日]2020/08/09